テレビディレクターの求人、採用募集状況

慢性的にスタッフが不足している

テレビ番組表を見ても分かるように、地上波・CS・ケーブルテレビ・ケータイ端末テレビなど、数年前に比べて、格段にテレビ番組数は増えています。ただでさえ、スタッフの数が足りていないテレビ業界は、今後人材不足に拍車がかかるでしょう。

つまり、テレビディレクターになろうと思えば、今まで以上になりやすい時代に入っていると言うことができます。また、ディレクターを目指すには、まずアシスタントディレクター(AD)から業務にあたるのが業界の常です。

テレビ局やテレビ番組制作会社は、常にADを募集している会社がほとんどです。極端なことを言えば、誰でもなれるのがADという仕事です。しかしながら、体力や気力が続かず、すぐに辞めてしまう者も多いのです。

ですから、テレビ業界は、比較的入りやすい世界と言ってもいいでしょう。

フリーディレクターの需要

アシスタントディレクターを経て、ディレクターになり、会社から独立をしたフリーのディレクターは、たいてい複数の番組を掛け持ちしています。

常にスタッフ不足の制作会社では、フリーのディレクターをいつも探しています。つまり仕事に困ることはそうはないでしょう。

しかしながら、無論、ディレクターにしっかりとした演出能力・企画力がなければ仕事が入ってくることはありません。また、懇意にするプロデューサーなどがいなければ、仕事を紹介してくれることもありません。

つまり、ディレクターとしての技術・企画力、さらには、コネクションが必要なのです。

なかなかディレクターになれない場合もある

また、会社によっては、アシスタントディレクターを長年やり続けているという方々もいます。ADを数年経験した後、ディレクターになるのが、この業界の通例です。しかし、先輩ディレクターがたくさんいて、ディレクターのポジションがなかなか空かない場合も考えられます。

そんなときは、みずから会社に掛け合い、新企画を通したり、あるいは、自分はディレクターとしてももう一人前に仕事ができるということをアピールすることが大切です。

テレビ業界が今までよりも入りやすい業界になったとはいえ、自らアクションをおこさなければ、自分が作りたい番組は作れないですし、ディレクターになかなかなれないということも起こるのです。

仕事体験談