女性のテレビディレクター

過酷な現場

テレビディレクターの世界は、男性女性の比率で言うと確実に男性社会です。男性が多く活躍し、女性のディレクターの数は少ないのは事実です。

一般職に比べて、激務であり、家に帰ることもままならないディレクターという職業は、体力も必要です。そういった理由から女性の数が少ないと言えるでしょう。

しかしながら、現場で活躍する女性はたくさんいます。その方々は、いくら過酷な仕事でも責任を持って業務に取り組んでいます。また、体を酷使しながらもディレクター業をやめられないのは、やはりものづくりが好きだからと言えるでしょう。

出産後、現場復帰する女性ディレクター

また、ディレクターとして活躍している女性も、結婚し、出産した後、現場に復帰する方々もたくさんいます。生活のために、仕事として現場復帰なさる方もいます。

あるいは、テレビを制作することへの喜びを感じるため復帰する方もたくさんいらっしゃいます。視聴者に何かを伝えること、視聴者を楽しませることは、本当に魅力的だということの表れです。

女性ならではの番組作り

テレビ業界では、まだまだ希少価値が高い女性ディレクターですが、強みもあります。それは、女性ならではの切り口で番組を作ることができる点です。

20代〜30代の女性向きのテレビ番組を制作する際、やはり男性スタッフだけでのセンス・感覚では、人気番組を作るのは難しいです。そんなときに、出番が来るのが女性ディレクターです。

女性ならではの企画・男性には考えつかないアイデアを提案することにより、現場に必要な人材になることができるのです。

仕事体験談