テレビディレクターの1日

まずは会議から

多忙なテレビディレクターは、どんな仕事をしているのでしょうか?ここでは、ディレクターの1日を紹介します。

ディレクターの出社は、おおむねゆっくりです。もちろん、人によって異なりますが、午前11時頃出社し、プロデューサー・放送作家などの制作陣と番組企画を決定する会議に参加します。

放送作家が企画案を提出することが多いですが、ディレクターも企画を考えることも往々にしてあるので、会議までにその資料づくりなどをアシスタントディレクター(AD)に指示しておかなければなりません。

ロケや収録前にやること

そして、ロケやスタジオ収録が近々に迫っているときは、カメラマンやフロアディレクターなどのスタッフとの打ち合わせが入ります。

どんな企画なのか、どんな画を撮りたいのか、など、番組を実際に演出するディレクターが自らの演出プランを彼らに伝えることは、大事な作業です。

つまり、この打ち合わせの時点でどんな映像を作り上げていくのかを自分の頭の中でしっかりとイメージできていないといけません。

ロケ~収録

そして、ロケや収録がある日は、番組や担当コーナーによってさまざまですが、ほぼ1日を費やします。場合によっては、地方ロケや海外ロケもあるので、自宅に帰れない日々が続くことも多いです。

収録が終わった後は、編集業務にとりかかります。たいていの場合、編集で必要な業務を手伝うアシスタントディレクターとともに、パソコンに向かい編集を長時間し続けます。

出社後、編集室にこもり、いつの間にか24時間が経過していたということもざらにあるでしょう。眠気との戦いが始まります。そんななかでも、次回の番組企画会議が入ったときは、出席しなければなりません。

演出と企画を考える日々

編集が終了し、実際に放送される映像の本編集、MAと呼ばれる音の編集を経て、やっと番組制作の過程が終了します。

このように、ディレクターは日によってやることが変わってきます。複数の番組をかけもつディレクターは、日々編集の締め切りと戦っています。仕事のサイクルによって、仕事量が少なくなる時期もあります。

しかしながら、基本的には「番組の演出をどうするか?」「次回の企画はどうするか?」を常に考えているのがディレクターです。

あるテレビディレクターの1日

11:00 出社~担当番組の企画会議
11:30 新番組企画書作り
12:00 次回ロケコーナーのロケハンへ
14:00 現在担当コーナーの編集
18:00 現在担当コーナーのスタッフ試写
22:00 試写後の修正をかねた編集
28:00 編集室にて仮眠
6:00  起床後、新企画の資料読み

仕事体験談