テレビADの現状と将来性

いつも人手不足のテレビ業界

テレビの現場は常に人手不足が続いている状態、と言ってもよいでしょう。

現場で一番過酷な労働を課せられているのが、ADです。その名の通り、ADはディレクターのアシスタントを務めます。また、複数の番組を掛け持ちして担当しているADも少なくありません。

そのため、なかなか家に帰れず、会社に泊まったり、徹夜が続く生活が続きます。

激務の末、すぐに辞めてしまうADもいるため、テレビ局や制作会社は常時ADのなり手を探している状態です。

ですから、テレビマンになりたいと思っている方ならば、ADは比較的なりやすい職業です。

しかしながら、根気・根性・強い精神力がなければ、すぐに心と体がやられてしまいます。

「誰でもなれるのがAD。なかなか続けられないのがAD」という言葉はテレビ業界でよく囁かれる言葉です。

今、そして、将来、テレビマンに求められること

テレビは、これからずっと消えることのないメディアと言えます。

また、ネット配信番組コンテンツ・媒体が増えているため、テレビ以外の映像コンテンツでもADが必要とされるでしょう。

そのため、「テレビ」もしくは、「その他のネット配信番組」としての特性をしっかりと捉えた番組作りをすることが求められます。

ADは、大抵の場合、アシスタント業務を数年続けた後、ディレクターに昇進します。

ADの頃から、将来ディレクターになった時、「どんな番組を作りたいのか?」「どんな番組を作るべきなのか?」ということをしっかりと考えて、業務に取り組む必要があります。

「テレビ番組がおもしろくなくなった」と言われる時代ではありますが、人気番組も数多く制作されています。

テレビ以外の映像メディアでも、ADは活躍の場が増えています。

映像の作り手として、どんなメディアにおいても「視聴者を楽しませること」を優先して仕事をしなければなりません。

仕事体験談