テレビADにとって大切なこと

ADは大勢の人と関わる仕事

テレビADは、たくさんのスタッフに囲まれて仕事を進めなければなりません。

ディレクターはもちろんのこと、プロデューサー・アシスタントプロデューサーなどの制作スタッフや、カメラマン・照明・音声などの技術スタッフ、出演者・取材対象者など、ひとつのテレビ番組を作るには大勢の人が関わっているのです。

そんな現場で働くADにとって大切なことは、コミュニケーション能力があることです。

各々のスタッフが、「今、何を考えているのか?」を把握し、番組の収録や編集をこなしていかなければなりません。

滞りなくテレビ番組を制作し、放送に至らせるには、ADの細やかな気配りも必要なのです。

時には、撮影現場の空気が重くなることもあるでしょう。そんな時は、場の雰囲気を盛り上げるのもADの役割になります。

ADはディレクターへの修行期間

ADとは、言うまでもなく「アシスタントディレクター」の略称です。

つまり、ディレクターの手となり足となり、番組演出に必要な雑務をこなしていくのがその仕事の本質です。

現場には、「ADをやらせたら右に出る者がいないAD」がいます。アシスタントのプロとも言えるでしょう。しかしながら、ADはADのプロになるためにADをしているわけではありません。

ADの先にはディレクターになるという目標のもと、それまでの修行をしていると考えて下さい。

雑務をこなせるADは確かにディレクターには重宝がられることでしょう。しかし、いずれは番組を演出しなければならないのです。

AD時代からディレクターのさまざまな演出技術を学ぶことを忘れてはいけません。

雑務を滞りなくこなせるADを目指さず、ディレクターとなり番組を演出することを目標として、日々のAD業務にあたることがとても大切なのです。

仕事体験談