テレビADの志望動機

「視聴者の心を動かしたい」という気持ち

テレビを作るテレビマンの一員であるADとして活躍する人々は、どのような志望動機で業界に飛び込むのでしょうか?

まず、挙げられるのは「視聴者を楽しませたいから」という動機でしょう。

言うまでもないですが、テレビ番組にはドラマ・バラエティ・ドキュメンタリー・報道・スポーツなど、さまざまなジャンルがあります。どんな番組でも共通しているのは、視聴者に「何かを伝える」という点です。

視聴者の心を動かす番組を志さないと、おもしろいテレビは作ることができません。

番組を見てくれる人々を楽しませたり、感動させたり、唸らせたりしたいという欲望を持っている人が良いテレビマンと言えるのです。

テレビが何よりも好き

ADは、テレビの業界でも一、二を争うほどに忙しい仕事です。心身ともに疲れ果てながら働いている方々ばかりと行っても過言ではありません。

そんな過酷な仕事でも続けていられるのには、ひとつ秘訣があります。

それは、「テレビが心底、好きである」ということです。そして、これはADを目指す志望動機にもなるわけです。

つらくて、キツい業務をこなしていくには、第一に「テレビが好き」である必要があります。

何よりもテレビが好きで、そのテレビを今度は自らの手で作ってやる、という強い気持ちを持っていなければ、この仕事は続けられません。

テレビ局やテレビ番組制作会社も、まずはこの志望動機を持った人間を採用したいと思っているはずです。

原体験としての「テレビ」

現役のADが、どんな志望動機を持ち、業界に入ったのかを述べると、きりがありません。

ADの数だけ動機はあるでしょう。しかしながら、そのすべてのADに共通して言えることがあります。

それは、原体験としてテレビの思い出がある、ということです。

小学生の頃でも、あるいは、幼稚園の頃でも構いません。今までに、大好きなテレビ番組があったり、だとか、悩んでいる時にテレビを見て笑えた、などの「テレビにまつわる原体験」を持っています。

この原体験を持っている人は、業界に入ってからも根気強く働けるはずです。

単に「芸能界に近づけると思ったから」や「華やかな世界に憧れたから」という志望動機では、過酷な仕事に堪えられず、すぐに心が折れてしまうに違いありません。

激務の日々でもがんばって働くには、それなりの志望動機がなければならないのです。

仕事体験談