テレビADの求人、採用募集状況

テレビ業界の求人状況

スタッフが不足しているテレビ業界では、常にADが不足しています。そのため、アルバイトADならば一年中、求人が出ていると言って良いでしょう。

社員採用に関して言えば、テレビ局や制作会社では毎年一定の人数が新卒採用されています。ですが、大手テレビ局では高学歴の方が採用される傾向にあり、非常に狭き門です。

テレビ局にこだわらなければ、ADとして就職をすることは簡単かもしれません。しかしながら、自分がどんな番組を作りたいのか、どんなジャンルの番組制作を希望するかをはっきりしておかなければなりません。将来どんなディレクターになりたいか、何を視聴者に伝えたいかをきちんと考えておいた方が良いでしょう。

会社の色をよく見極める

求人・募集を出しているテレビ局・制作会社には、それぞれ得意な番組のジャンルがあります。ドラマ・バラエティ・音楽・ニュース・報道・ドキュメンタリーなど、各会社には長けている分野があるのです。

また、放送される地域によって求められる番組も変わってきます。東京で放送される番組と、大阪で放送される番組では、その内容はまったく異なります。

このように会社によっての違いや、地域によって求められる番組の違いをきちんと把握した上で、各会社の求人・募集を見ていくことをおすすめします。

派遣AD

今では、テレビ局や制作会社に派遣される派遣ADもたくさん現場で活躍しており、また求人や募集もあります。

テレビ局や制作会社に就職するのと違い、派遣ADの場合は労働環境があまりに悪かったり、制作する番組のテイストが自分の希望と違うとき、別の会社に異動を希望することができます。

また、ひとつの会社で経験を積むことが難しいので、行く会社それぞれの番組制作マニュアルをいちから覚え込まなければなりません。

しかしながら、さまざまなジャンルの番組制作を現場で経験でき、勉強することができるので、多岐にわたるスキルを身につけるにはADの派遣会社に登録するのも一つの選択肢となります。

仕事体験談