テレビADになるには

キー局は四年制大学卒以上が必須

ADになるためには、基本的にテレビ局か番組制作会社のどちらかに就職する必要があります。

テレビ局ではたいていの場合、四年制大学卒業以上の学歴が求められます。また東京のキー局(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)では、内定者は六大学レベル以上がほとんどを占めるのは事実だそうです。

ちなみに、NHKではADという職種は存在せず、入局後はディレクターからのスタートになります。

就職試験では、何百倍もの倍率をくぐり抜けなければなりません。番組制作に携わりたいという強い意思がある場合、難易度の高い大学に入っておくことは、キー局に入るためのひとつの強みになるでしょう。

制作会社は専門学校やアルバイトから入る道も

テレビ番組は、テレビ局だけが作っているわけではありません。各テレビ局は小会社や提携の番組制作会社へ外注している場合も多く、その番組制作会社にもまたADが存在します。

テレビ局とは違い、番組制作会社では専門学校卒の人を受け入れることや、学歴不問でアルバイトを募集することもあります。そこから、ADの仕事に携われるチャンスもあるでしょう。

しかし、番組制作会社は規模がピンキリ。テレビ局の100%子会社の場合は、局と同じく四年制大学卒業が求められるところも多いです。

また、テレビ局では実力と年齢に応じてディレクター、プロデューサーと上がっていけるところ、番組制作会社では、10年以上もADの仕事を続けなければならないこともあるようです。

ADを目指すのは簡単ではない

そのほか、何かしらの仕事でマスコミや放送業界に入り、人脈を作ってADを目指すこともひとつの方法でしょう。しかし、人気がある仕事なだけに簡単なことではありません。

ADから、将来的にディレクターやプロデューサーを目指していきたいのならば、四年制大学に入ることで可能性が広がると言えます。

仕事体験談