テレビADの魅力

自分が果たした仕事が放送される喜び

テレビADの仕事は、他の職業に比べるととても忙しい部類に入ります。「激務」と言っても良いでしょう。

そのため、体調を崩してしまうADもたくさんいます。キツい仕事であることは間違いありませんが、反面、魅力にも満ちあふれた職業だと言えます。

その魅力として、まず挙げたいのは「ものづくり」をする仕事だということです。

その名の通り、ADは番組を演出するディレクターのアシスタントです。

情報リサーチをしたり、ロケハンをしたり、番組制作のための雑務が仕事の大半を占めます。

しかし、ADの雑務がなければ絶対にテレビ番組は成立しません。ちょっとした情報の下調べがあってこそ、ひとつの番組が放送できるのです。

不眠不休で働いた末、番組が放送され、その番組内に自分の働いた“痕跡”を見つけられた時は、何物にも変えられない喜びを感じることができます。

現場で学べる演出技術

ADは、基本的にはディレクターの手となり足となり、演出の補佐をします。

たとえば、撮影の現場で、どのように出演者に演出をつけるのか?をディレクターの近くで勉強することができるのです。

テレビの業界には、現場に出ない役職も多々あります。プロデューサーやアシスタントプロデューサーは、そのほとんどがデスクワークです。

それに比べて、ADは現場に出ます。その分、仕事量が多く、負担も多くなりますが、現場に出るからこそ、学べることはたくさんあります。

将来、ディレクターを目指すならば、専門学校で映像演出を勉強することも多いに役に立ちますが、やはり現場でADとなり修行を積むことは演出家としての糧になることは間違いありません。

ADは、テレビ業界でもずば抜けてキツい役職です。しかし、だからこそ魅力も多いのです。

逆に言うと、ADに魅力を感じられる人しか、ADの仕事は続けられないということです。

仕事体験談