テレビADの大変なこと、苦労

心身ともに疲労する

テレビADの仕事は、非常に過酷です。体力的にも精神的にもつらい状況が訪れることは多くあります。では、具体的にどんなことが大変なのでしょうか?ここでは、ADの大変なことや苦労を紹介します。

まずは、なかなか休みがとれないぐらい多忙だということが挙げられるでしょう。ADは、テレビ制作におけるすべての過程の準備をすることが仕事です。そのため、ディレクターやプロデューサー・放送作家など制作スタッフが働いていない時間にもたくさんの業務があります。

ロケ準備をし、長時間のロケに臨み、ロケ終わりに編集の準備、さらにディレクターとともに連日に渡る編集に立ち会わなければなりません。数日間寝れない日が続き、心身ともに疲労してしまいます。

ディレクターによって異なる制作方法

テレビADは、たいていの場合複数のディレクターの下で働き、文字通りアシスタント業務にあたります。各ディレクターによって、ロケの方法や、編集のスタイルはさまざまです。

たとえば、ロケの場合、台本に忠実にロケを進めるディレクターもいれば、台本よりも現場優先で進行するディレクターもいます。また、編集は自宅でやる場合と会社でやる場合、パソコンの編集ソフトもディレクターによって異なります。

このように制作スタイルがバラバラなので、ADは各ディレクターにあわせたアシスタント業務をこなさなければなりません。どのディレクターにもあてはまるマニュアルはない、と考えていいでしょう。

臨機応変に対応していくことは、ADにとってかなり大変なことです。しかし、複数のディレクターの姿を見ることで、自分はどのスタイルでディレクションをするかを考える良い勉強だと言えるでしょう。

精神的に不安定になる

現場で活躍してらっしゃるテレビADのほとんどは、体調不良になったり、精神的に不安定になる時期を一度や二度は迎えています。

どう考えても自分一人ではこなすことができない仕事量に、精神的につぶれてしまうこともあるでしょう。バラエティの制作現場では、いまでも体育会系の雰囲気が残っていますし、理不尽なことを要求してくるディレクターもたくさんいます。

ただでさえ、徹夜続きで体調が悪い上に、精神的に追い込まれたり、ストレスがたまってしまう場面も少なくありません。それでもADの皆さんが頑張れるのは、仕事へのやりがいや番組づくりへの喜びを感じているからです。

つらいときこそ、原点に戻り、ディレクターを目指し、日々の仕事に取り組んだほうが良いでしょう。

仕事体験談