高卒からテレビADになれる

高卒のADも現場で活躍している

常に人手不足のテレビ業界。その中でも、常時、求められている役職がADです。

ですから、テレビマンを目指す者ならば、大抵なれるのが、ADと言っても過言ではありません。

しかし、テレビ局勤務のADを目指すならば、やはり大学卒業をしておくことが求められるでしょう。

テレビ局に就職するためには、いわゆる「高学歴」が必要です。一方、テレビ番組制作会社へ就職し、ADを始めるならば、「高学歴」である必要はあまりありません。

現に、制作会社で働いている高校卒のADの方々はたくさんいらっしゃいます。大学卒のADと高校卒のADで、その業務に違いはほとんどありません。

また、できるADとできないADは、学歴で左右されるわけでもありません。

しかし、テレビ局のADと制作会社のADには、お給料に差があることは事実です。一般的にテレビ局勤務のADの方が、お給料は高いとされています。

若い感覚を生かして番組作りができる

高卒のAD、あるいは、若いうちにテレビ業界に入ったADにはたくさんのメリットがあります。

テレビ制作には、テレビマンのセンスが求められます。若いうちにADを始めると、大抵の場合、大卒のADよりも早くディレクターに昇進することができます。

若いうちから、番組演出を任されるということは、若い感覚・センスを発揮して、番組作りができるということです。

人気番組を作るには、このセンスが必要になってきます。

高卒でADを始めると、若い頃から現場で番組作りに関わることができ、たくさんのことを学べます。

この経験を生かして、ディレクターになったとき、若い感覚で勝負することは、テレビマンとしては大きな利点と言えるでしょう。

ただし、テレビ業界は非常に厳しい業界であり、その仕事の厳しさゆえに離れていく人も少なくありません。

大学を卒業することで、選択肢が増えることもありますので、現在高校生であるのならば、どちらの道がよいのかじっくり考えておいたほうがよいでしょう。

仕事体験談