テレビADの活躍の場、就職先

ADの仕事

テレビADは、その名の通りディレクターのアシスタントをするのが役割です。ディレクターの助手と考えるのが良いでしょう。

テレビ局や制作会社に就職し、ディレクターとして活躍できるまでの数年間はADとして働きます。ディレクター職に就けるまでの下積み時代というイメージです。

ADは、ディレクターが行う演出にはほとんど携わりませんが、ディレクターの演出プランをとどこおりなく実現するため、どんな雑用でも引き受けます。

つまり、ADがいないとテレビ番組は絶対に作ることができないのです。

すべての過程が活躍の場

ADは番組制作過程すべてにおいて活躍しなければなりません。たとえば、番組企画を実現するための取材先リサーチや、台本・資料・企画書の資料印刷、スタジオ収録における美術品発注などです。

番組企画会議からロケ収録、そして、編集までのすべての過程において、ADは働きまくり、やっと活躍することができるのです。まさに、縁の下の力持ちなのです。

プロの助手にならないこと

現場で、ディレクターや他のスタッフ陣から重宝がられるADは、臨機応変に動くことができ、気配りのできるADです。しかしながら、優秀なADが優秀なディレクターになれるとは限りません。

ディレクターとして活躍したいならば、AD期間中にディレクターからさまざまな演出法などを勉強しておく必要があります。ADとして活躍することも無論大事ではありますが、ディレクターになるための勉強をしておくこともそれ以上に大事です。

仕事体験談