女性のテレビAD

女性も活躍する多忙な現場

テレビ業界は、依然として男性社会が続いていると言えます。現場で働いているADの場合、やはり男性の方が女性よりも数多いのが現状です。しかしながら、ディレクターを目指し頑張っている女性のADもたくさんいます。

体力的にもかなりきついADの仕事ですが、男性も女性も仕事の量はあまり変わりません。

また、ADはおよそ人間的な生活ができない職業であることも事実です。がんばりすぎて、体調を崩してしまうこともあるので、特に女性は心身ともに自己管理が必要だと言えるでしょう。

女性ならではの活躍の場

まだまだ男性社会が続くテレビ業界ですが、女性のテレビマンならではの活躍の場はたくさんあります。男性ディレクターのアシスタントについた女性ADの場合、番組の内容によっては女性の意見をディレクターから求められることもあるでしょう。

基本的にADは番組の演出に直接携わることはないですが、女性ADだからこそディレクターに相談をされることも少なくありません。

また、番組出演者に子供がいたり、取材先に女性がいる場合は、子供の面倒をみたり、対応をすることがあります。そんなときは、女性のADが重宝がられます。このように女性ADが活躍する機会はたくさんあるのです。

女性ADの実情

現場で活躍している女性ADは、実際どんな生活を送っているのでしょうか?ここでは、現場の皆さんの実情を紹介します。

まず挙げられるのは、オシャレをする間もないほど忙しいということです。徹夜での仕事も少なくないため、化粧をすることさえ億劫になってしまう女性ADもたくさんいます。

また、私生活も充実させることも難しく、恋愛や結婚もおあずけ状態という人も珍しくありません。激務による体調の変化や肌荒れなど、女性にとってはつらい仕事です。

しかしながら、彼女たちは番組づくりをすることで充実感を得ています。ディレクターになることを目指し、日々邁進されています。大きなやりがいを感じるからこそ、大変な仕事も乗り越えていくことができるのです。

仕事体験談