テレビADの1日

忙しいADの1日

基本的にADの仕事は、テレビ番組制作のすべての過程における準備をしておくことです。

会議・収録・編集などの準備をするため、ディレクターやプロデューサーなど他のスタッフよりも早く出勤し、遅く帰宅することは珍しくありません。

また、突然ディレクターから仕事が舞い込んでくることもあり、24時間ずっと仕事に追われていると言っても過言ではありません。とにかく、やることが多いため1日のそのほとんどを仕事に費やしていると考えていいでしょう。

帰れないAD

ADは、デスクワーク以外に、ロケや取材・スタジオ収録などでデスクを離れる仕事もあります。たとえば、長時間のロケ終わりに疲れた体で帰社後、ディレクターが編集できるよう準備をしなければなりません。

早朝から深夜までに及ぶ勤務時間で、家に帰るのも面倒になり、何日も会社に泊まり込んでいるADも現場にはたくさんいらっしゃいます。

もちろん、サラリーマンのような勤務時間のADはいないと考えた方が良いでしょう。ときには、休憩時間もまったくとることができず1日が終わっていたということもあるほどです。

あるテレビADの1日

10:00 出社~担当番組Aの企画会議用資料作り
11:00 担当番組Aの企画会議出席
13:00 担当番組Bの次回ロケ企画リサーチ(電話取材)
16:00 担当番組Bの取材予定先との連絡(情報の精査)
18:00 担当番組Bのスタッフ試写
22:00 試写後、担当番組Bのディレクターと打ち合わせ
24:00 担当番組Cのロケ準備
4:00  起床後、担当番組Cへロケ出発

仕事体験談