テレビADになるための学校・学歴・学部

映像のプロになるためには

ADには資格や免許などはまったく要りません。極端なことを言うと、誰でもなれるのがADなのです。

しかながら、「ディレクターになってやる!」という目標がない人は長続きしない職業と言えます。では、ディレクターを目指すには、どんなことを学べば良いのか、どんな学校に行けば良いのかをここで紹介します。

ADは、映像のプロにならなければなりません。そのためには、映像のついての知識・技術などを勉強できる学校・専門学校・大学に入るのが良いでしょう。学校では、放送に関する法律や、放送の歴史を知ることができます。

映像との接し方が変わる

また、学校では実際に活躍してらっしゃるテレビマンの方の話を聞く機会が多いです。

実際の現場ではどんな風に仕事をしているか、今のテレビ業界の問題点、新たに業界入りするテレビマンに何を臨むかなど、生の意見を聞くチャンスがあります。彼らの話を聞くことで、テレビマンとして意識しながら日常生活を送ることができます。

たとえば、普段何気なく見ているテレビを、演出や撮影技法の観点から見るなど、映像との接し方が変わることはテレビマンにとって大切なことです。

実際に作品を制作する

また、座学以外に実践講座がある学校もあります。たとえば、バラエティ番組をスタジオで収録する授業や、ドラマを制作することができます。

実際に企画の提案会議から始まり、撮影、編集を学生がやることで、座学では学ぶことができない体験をすることができます。

さらに、同じ学校の同級生らと自主制作の映画やドラマを制作することも可能です。同世代の仲間だけで、作品を作ることはプロになるとそうありません。

このように自分のセンスを磨くために、切磋琢磨できるのも学校の魅力の一つといえるでしょう。

学歴社会のテレビ業界

テレビディレクターが活躍するのは、テレビ局やテレビ番組制作会社です。現在でも、大手テレビ局に就職するためには高学歴が必要だと言えるでしょう。

映像とは関係のない学部や学科を卒業した人々でも、テレビ局でディレクターとして活躍していらっしゃる方はたくさんいます。しかしながら、学歴が高いからといって、おもしろい番組を作れるわけではありません。

人気番組を制作するには、アイデアや見識などを豊富に持ち合わせていなければなりません。いまだ学歴社会が通用している業界ではありますが、その点は忘れないほうが良いでしょう。

仕事体験談