アルバイトのテレビAD

バイトも社員も同じ仕事内容

テレビ業界は、常にスタッフが足りていません。ADの仕事は非常に多く、アルバイトを募集しているテレビ局や制作会社はたくさんあります。

バイトと社員のADの違いは雇用形態も違いますが、一番の違いは責任能力と言えるでしょう。同じミスをしても、社員のADの方が責任を追求されることが多いです。

しかしながら、番組制作における仕事の内容は、バイトも社員もまったく同じです。ディレクターが描く演出プランを実現できるよう、最善を尽くさなければなりません。

責任感を持ち仕事に臨まなければ、良質の番組は作ることはできません。

現場で勉強できる

テレビ局や制作会社でバイトしているADには、映像系の専門学校や大学などに通っている学生もたくさんいます。

学校で教わる演出法や放送の歴史についての知識も、テレビマンになるには必要なものです。しかしながら、アルバイトとして実際の制作現場に出て、放送される番組に携わることは、さまざまな勉強を肌で感じることができ、テレビマンとしての生きた糧となるでしょう。

ディレクターとして番組を演出するためには、先輩のディレクターの方々がどんな技術を持っているのか、どんな編集テクニックを使うのかを身近で学ぶ必要があります。

その点で、学生の頃からバイトとして働いておくことは、非常にオススメです。

ディレクターになるのが目標

学生時代からアルバイトのADをしているベテランのADが、現場には少なからずいらっしゃいます。彼らは番組制作について多くの経験があるため、膨大な仕事でも要領よくこなし、ディレクターには重宝がられています。

しかしながら、ADの目標は優秀なADになることではなく、ディレクターになることなのです。もちろん、仕事の目標は人それぞれですが、基本的にはディレクターとなり番組を演出することを目指し、ADとして修行を積むのが通例です。

番組制作における準備をするADと番組を演出するディレクターの仕事内容は、まったく異なります。優秀なADが優秀なディレクターになるとは限りません。

若い頃からバイトADをしている人々は、ディレクターとしての技術を身につけよるため、日々激務をこなしているのです。

仕事体験談