通訳案内士とツアーコンダクター(添乗員)の違い

通訳案内士の仕事内容は、しばしばツアーコンダクター(添乗員)のそれと混同されることがあります。

実際、両者の仕事は似ていたり、重なっている部分もありますが、細かく見ていくと役割は異なっています。ここでは、それぞれの違いについて紹介していきます。

通訳案内士とツアーコンダクターの仕事内容

通訳案内士は、日本を訪れた外国人のお客さまに対し、「外国語を使って」日本の文化や歴史、生活習慣等に関する案内をする仕事です。

たとえば、観光目的で来日したお客さまをガイドする際は、お客さまに楽しんでもらえるような時事ネタを交えて観光地の魅力を伝えたり、相手の疑問に答えたりしながら、日本に対する理解を少しずつ深めてもらいます。

そのため、高い語学力はもちろん、日本の歴史や政治経済、地理、一般常識まで、幅広い知識が問われます。

一方、ツアーコンダクター(添乗員)は、旅行会社が企画・手配を行ったツアー(海外・国内)に同行し、お客さまが搭乗する航空機やホテルのチェックイン、宿泊先や食事場所の手配・確認などを主に行う仕事です。

ツアーコンダクターの仕事

通訳案内士と同様に、観光地の情報を提供したり案内をすることもありますが、多くのお客さまは日本人となるため、お客さまとの会話を日本語を使うことが基本となります。

なお、通訳案内士はツアーコンダクタとしての役割をこなすこともあります。

たとえば、お客さまの旅程の確認をしたり、食事施設や宿泊先へ調整の連絡を行うなど、お客さまが旅を安心して楽しむことができるよう、さまざまなサポートを行います。

必要な資格の違い

通訳案内士とツアーコンダクターは、それぞれ必要となる資格の種類が異なります。

まず、通訳案内士の最大の特徴は国家資格であることです。つまり、通訳案内士として働きたいのであれば、国家試験を受けて合格することが必須になります。

もし、資格を持たないまま、報酬をもらって通訳案内の仕事をすれば刑事罰の対象となります。

一方、ツアーコンダクターの場合は国家資格はありません。しかし、原則として「旅程管理主任者資格(国内旅程管理主任者あるいは総合旅程管理主任者)」という公的な資格が必要となります。

雇用形態の違い

通訳案内士のほとんどは、フリーランスとして働いています。国家資格を得た通訳案内士は、日本観光通訳協会や旅行代理店などにスタッフ登録し、案件ごとに依頼を受けて単発で働きます。

一部の旅行会社では正社員として採用されることもありますが、フリーで働くひとのほうがだいぶ多いともされています。

一方、ツアーコンダクターの場合は、旅行会社に正社員として働く人がいたり、フリーランス、あるいはアルバイトであったりと、雇用形態はさまざまです。

ただし、近年は正社員としての採用が減少しており、派遣会社に登録して働く人が多くなっているようです。