通訳案内士に向いている人、適性

コミュニケーション能力

通訳案内士は、外国人観光客の日本に対するイメージを左右する可能性もある仕事です。

高い語学力や日本の文化に対する深い知識だけでなく、親しみやすく、コミュニケーション能力が高い人が求められます。

臨機応変な対応力

通訳案内士の仕事は、名所を案内することだけではありません。旅の途中では、さまざまなハプニングが起こる可能性があります。

たとえば、お客さまの荷物の紛失や、迷子、ケガ、持病の発作など、トラブルは日常茶飯事です。慣れない土地でパニックになる相手を落ち着かせ、冷静に対処できる能力は、語学力に引けをとらないほど大切といえます。

またツアー中は、お客さまからあらゆる質問や要望が飛んでくるものです。人数が多ければ多いほど、うまく対応できなければ、団体をまとめるのは難しくなります。

臨機応変に動けることは、ガイドにとって重要な能力の一つです。

知識欲の旺盛さ

実際にガイドしている中では、お客さまからの多種多様な質問に、しどろもどろになることもあるかもしれません。

そんなとき、地理や歴史はもちろん、日本文化に関する包括的な知識こそが、いざという時の助けになります。

そのためにも、普段からさまざまなことに興味を持ち、調べる習慣のあるような人は、まさに適性人材といえるでしょう。

日本のことのみならず、自分が案内する相手の国についても、知っておくべきことは山ほどあります。「歩く辞書」になるべく、常にアンテナを張りめぐらせて、情報を集めたいものです。

ホスピタリティの精神・気配り

ツアーコンダクターのようにツアー客をまとめる役割もあるため、トラブルに対する対応力やリーダーシップも必要になります。

案内中はさまざまなことがあるため、細かいことに気配りがきくようなタイプも向いているといえます。

知識や語学力はもちろん大切ですが、その大前提として必要なのが、「お客さまを楽しませたい」と思える気持ちです。

自分が旅行に行ったときのことを考えても、ガイドをしてくれる人のキャラクターの大切さがわかるでしょう。

親切だったり、積極的に面白い話をしてくれる人に当たったときは、その旅も何倍も楽しくなるものです。

すばらしい時間を提供したいと思う奉仕の精神こそが、何よりの適性といえるかもしれません。