通訳案内士の1日

案件によって勤務時間や1日の流れは異なる

通訳案内士は、日々さまざまなお客さまを日本全国へと案内していますが、その1日の流れは担当する案件ごとに異なります。

たとえば、観光目的のお客さまをガイドする場合。「どこに行くのか?何を見るのか?」といった行程はツアーごとに異なりますし、宿泊を伴うツアーかそうでないかによっても、働く時間帯は変わってきます。

ここでは、通訳案内士の1日の過ごし方について、ひとつの例として紹介します。

通訳案内士のある1日

9:00 出勤

当日ガイドを担当するお客さまが滞在中のホテルへ出向きます。今日は英語圏から来日されたお客さま。

歴史ある観光地の街を歩きながら、案内していきます。

10:00 観光地を案内

有名なお城の見学をします。外国の方は寺社仏閣やお城好きなことも多く、積極的にさまざまな疑問が投げかけられます。

事前にしっかりと情報を仕入れていたので、正しく答えることができました。

12:30 昼食

お客さまが昼食をとっている間に、自分も手早く食事を済ませ、午後のスケジュールの確認を行います。

14:00 美術館見学

入館に際して団体券を購入したり、お客さまがはぐれないようにしっかりと引率を行います。

16:00 お土産購入

買い物スポットを案内します。オススメのお土産を紹介すると、喜ばれます。

日本ならではの商品に関しては、なかなか理解してもらえないこともあるため、英語を使って丁寧に説明していきます。

18:00 勤務終了

お客さまを宿泊先のホテルへと無事送り届けたら、勤務終了です。今日はそのまま帰宅します。

20:00 次のガイド先についての下調べ

連日ガイドが続く繁忙期になると、帰宅後、何時間もかけて情報収集や下調べに充てることもあります。

23:30 就寝

翌日のガイドは朝早いため、しっかりと睡眠をとります。身体が資本の仕事であるため、日々の健康管理は欠かせません。