通訳案内士に必要なこと、求められるもの

語学力と、一般常識を含めた幅広い知識

外国の人々に、日本をわかりやすく案内する通訳案内士は、国内の政治経済、文化、歴史、地理など、さまざまな知識を持ちあわせている必要があります。

これらに関しては国家試験の出題範囲にもなっているため、いざ試験を受けることになれば、必死に勉強して知識を身に付けることになるでしょう。

しかし、いざ仕事を始めていくとなれば、試験のために勉強した内容だけで完璧とはいえません。

お客さまに対して少しでも有益で面白い情報を提供するためには、日頃から新聞を読んだりニュースをチェックするなど、あらゆる角度にアンテナを張り、世の中の事象について自分なりに考え、説明できるようにすることが大切です。

そういった意味では、常に新しいことを知り、学ぼうとする「好奇心や向学心の旺盛さ」が必要になるといるでしょう。

他者への気遣いができること

通訳案内士は、他者としっかりとしたコミュニケーションができてこそ成り立つ職業です。

「人と話すのが好き」であることはとても大切ですが、実際、文化も人種も年齢も異なる人たちを相手にするのは、とても大変なことです。

とりわけ食習慣の違い、宗教に関わる考え方は、一歩間違えれば大きなトラブルにつながりかねません。

国や人種ごとの文化・習慣の違いをきちんと理解したうえで、相手を慮ったコミュニケーションが必要になってきます。

自分の考えを一方的に押し付けず、人に対する気遣い、尊重の精神を忘れないようにすることが大切です。

臨機応変に対応する力

通訳案内士は、勤務中アクシデントに見舞われる可能性もあります。

たとえば、お客さまの急な病気、交通機関のトラブル、迷子などは、なかなか予測できるものではありません。

万が一、ガイド中にこういったことが起こってしまったら、通訳案内士はその場の状況をとっさに把握して、冷静に対処する必要があります。

通訳案内士はただガイドだけすればいいのではなく、お客さまのスケジュール管理までこなす必要があるため、調整能力や判断力も求められます。