正社員の通訳として働く

通訳として働いている人の多くが、フリーランスとして活動しています。それには、通訳としての正社員ポストが非常に少ないという背景が関係しています。

しかし、正社員として通訳をしている人がいないわけではありません。できることなら、少しでも安定している雇用形態を求めて正社員の通訳になりたいと考えている人もいることでしょう。

ここでは、正社員として働く通訳がどのような働き方をしているのかについて説明していきます。

海外事業を中心とする企業で働く

基本的に、通訳として正社員になるのであれば、業務内容の7~9割以上が外国とのやり取りをしているような企業になります。

しかし、なかには日本での業務が主で、年に数回海外との接点を持つような企業でも通訳の募集があります。

そういう場合は、通訳の仕事以外にも別の事務仕事や経理などの仕事を兼業することが多く、最終的に通訳を含めた総合職になります。

「通訳の仕事を極めていきたい」と思っている人にとっては、少し方向性が異なるかもしれません。

しかし、外資系金融企業で働く場合、誰もが知るような海外大手の企業同士のM&Aの同時通訳なども任されることがあり、フリーではなかなか経験し得ない仕事もできるようです。

正社員として働く魅力

企業に就職している場合、毎月企業から給料が支払われるため、フリーランスに比べると安定した給与がもらえるといえるでしょう。

また、多くの企業は平日に出勤して土日は休みという形態を取っているため、心のゆとりを持って従事していくことができます。

しかし、給料は一般のサラリーマンとさほど変わらず、実力があり広く活躍できるような人は、自分次第でたくさん稼ぐことができるフリーに転身するケースが多いようです。

英語以外の言語の需要が高い

最近のビジネスの現場では、英語以外に中国語や韓国語などのニーズが増加しており、さまざまな企業がアジア圏内の言語ができる通訳者を求めている傾向にあります。

さらに、地方の企業が積極的に外国との取引を強化している背景もあり、首都圏だけでなく、地方でも活躍の場が用意されています。