通訳の魅力

グローバルに活躍できる

通訳は日本国内だけでなく、海外のどこであっても活躍することができます。

日本語とともにその国の言葉をマスターしているということで、外国での企業を相手として通訳業務を専門として活動することもできます。

また、日本の企業であっても、海外との商談や海外出張が頻繁にある会社では、世界中に通訳が同行して取引を行なっていくこともあるでしょう。

このように、通訳の仕事の大きな魅力は、世界を仕事の舞台にできること。まさしくグローバルな仕事だということです。

異国間のコミュニケーションを支える醍醐味

日本は英語をはじめとする外国語が通じにくい国だといわれています。

島国という環境のなか、普段の生活で日本語しか話す機会がないという歴史的な背景がその大きな理由でしょう。

したがって、海外からビジネス目的で日本を訪れる人にとっては、通訳の存在は自分の仕事を成功させるためにも、滞在中、快適に過ごすうえでも大変重要なものとなります。

通訳は、日本語と外国語という意思疎通が難しいコミュニケーションの間を取り持って、スムーズな交流をサポートすることができます。

お互いの心が通じ合うのを目の当たりにした瞬間は、大きな喜びに包まれることでしょう。

専門的な領域で力を発揮することもできる

通訳は、専門的な領域で活躍することもできます。

たとえば「司法通訳」の分野であれば、外国人の人権を守り、判決まで潤滑に手助けするという大変緊張感のある通訳業務に携わることができます。

また、一般企業でもビッグビジネスの通訳となれば、大きなお金のやりとりを裏でサポートするやりがいも実感できます。

このように、通訳は、時としてその人の人生や会社の運命を大きく変えるような場面に立ち会うことになります。海外のセレブやスポーツ選手など、日常ではなかなか会えない人と出会うことも可能です。

普通なら外部の人間がいるはずのない場所でも、通訳だからこそ目の当たりにできる。そうした現実は、仕事への充実感につながっていくでしょう。