通訳の学校で勉強すること

通訳の学校とは

通訳になるために、絶対に決まった道をたどらなければならないということはありません。

特別な学校を出ていなくても通訳になることは不可能ではありませんが、通訳は高度な語学力をはじめ、特別なスキルが求められる仕事であることから、多くの通訳志望者がプロ通訳者を養成する学校に通っています。

通訳の学校の多くは民間企業が運営しており、全国にいくつもの学校が存在します。

通訳の学校のカリキュラム

通訳者を養成する学校では、「英語コース」「中国語コース」「フランス語コース」といったように、言語別のコースが設置されていることが多いようです。

また、ビジネスの分野で活躍するための通訳、国際会議で活躍するための通訳など、目的別にコースが分けられていることが一般的です。

さらに、入学に当たってはテストが実施され、個々のレベルがチェックされたうえでクラスが決まるしくみを設けている学校もあります。

カリキュラムは学校によって異なりますが、「通訳に必要なスキル」は、基本的にどこでも学ぶことが可能と考えておいてよいでしょう。

入学後は、シャドーイング、リテンション、リプロダクション、パラフレージングといった通訳の専門的な訓練を行い、基礎的な能力をしっかりと身につけていきます。

そして逐次通訳技術を学んだり、学校によっては同時通訳ブースで演習ができることもあります。

通訳の学校の選び方

通訳の学校では目的別に細かくコースが分けられている場合が多いため、まずは自分が通訳として、どのような仕事を専門に行いたいのか考えておいたほうがよいでしょう。

「医療通訳になりたい」「ビジネス通訳がしたい」など、目的が明確であるほうが、それに見合った講義を受けることで、なるためにより必要なスキルを身につけやすいといえます。

また、短期間で集中して学ぶコース、ある程度の時間をかけて長期的にスキルアップを目指すコースなど、ものによって学習期間もまちまちです。

当然、コースによって学費も変わってくるため、費用とスケジュールの兼ね合いで考えていく必要もあるでしょう。

その他には、学校の教材や施設の充実度、講師のラインナップ、さらには就職に対するサポート体制なども検討材料にするとよいでしょう。