通信会社社員への転職、中途採用

既卒者の採用について

通信会社へ転職したいと考えたときには、各社が実施する転職者向けの採用試験を受ける必要があります。

こうした採用試験の名称は「既卒者向け採用」「経験者採用」「キャリア採用」といったように各社でまちまちですが、これらは大学や大学院などの学生を対象とする「新卒採用」とは異なり、すでに学校を卒業している人を対象としたものとなっています。

しかし、企業によっては年齢の条件さえ満たしていれば新卒と既卒が同じ区分の試験となっていたり、学校を卒業していても就職経験がない場合は新卒とみなされたりするケースもあるため、試験概要をよく確認する必要があります。

なお、この転職者向けの採用活動は定期的に行われるとは限らず、人員が不足した際に不定期で出されることが多いです。

なかには通年で募集を出し続けている企業もあるようですが、そうしたところではまれに職場環境が悪かったり非常に厳しいノルマが課されたりすることから離職率が高くなっているケースもあるため、注意が必要です。

経験やスキル、資格が求められる場合も

転職者向けの採用試験でも、どれほどの経験やスキル、資格が求められるかは企業によって異なります。

一般的に「キャリア採用」や「経験者採用」という名前の試験では、総合職として一括採用されて入社後に配属が決まる新卒とは異なり、たいていの場合、最初から職種別の採用が行われています。

そこでは基本的に「即戦力」になれる人が求められるため、関連する職種について3年程度以上の実務経験が必要とされることが多いようです。

たとえば通信会社の法人営業職に就きたい場合、別の業界で法人営業をしていた経験はアピール材料となります。まったく異業種から転職することも不可能ではありません。

転職者向けの試験でも面接はほぼ確実に行われ、その結果が合否に大きく影響することも多いといわれているため、業界研究は念入りに行い、志望動機をきちんと固めておくことが大切です。