通信会社社員の給料・年収

平均年収

通信会社の平均年収は、500万円~600万円程度がボリュームゾーンとされています。

ただし、個人の職種や経験、役職などのほか、会社の規模によっても年収にはだいぶ差が出ており、平均年収400万円台の通信会社がある一方、最大手のキャリアでは平均年収800万以上になるともいわれています。

全体として、通信業界の大手では平均的な会社員よりも多めの収入を得ることができ、40歳を超えた管理職になると年収1,000万円を超えている人もいるようです。

規模が大きめの会社であれば、それなりによい給料をもらっている人が多いといえるでしょう。

初任給は21万円~25万円程度となっており、たいていの場合、大卒と大学院(修士了もしくは博士了)で、その額には差がつけられています。

初任給の額は各社でさほど変わりませんが、勤務先によって、その後の給料の伸び具合が変わってくるようです。

昇給や賞与、インセンティブについて

昇給は年1回、賞与が年2回という企業が多いです。

なお、営業職の場合は個人やチームの売り上げに応じて、特別ボーナスのようなインセンティブがつく職場もあります。

その場合、自分のがんばりによっては、20代の若いうちから同期よりも多くの給料を得ることもできるでしょう。

実力主義の会社では、成果を出していれば年齢や入社年次に関わらず、どんどん役職が上がり、給料にも反映されるようです。

諸手当・福利厚生

諸手当や福利厚生も、大手企業になればなるほど充実している傾向にあるようです。

代表的な手当の内容としては、通勤手当、住宅手当、時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日勤務手当などがあります。

福利厚生としては、保養施設やスポーツ施設の利用、クラブ活動、財形貯蓄制度、慶弔金、持株会、育児支援制度などが挙げられます。

このほか、社員の働きやすさを追求して、定時帰宅日を設けていたり、休暇制度を充実させたりするなどの取り組みを行っている企業もあります。