通信会社社員の就職、求人、採用の状況

大手は採用人数も多め

通信会社の多くは、新卒採用を定期的に実施しています。

とくに最大手クラスの企業では、一度に数百人単位の人材を採用することも珍しくありません。

しかし、知名度のある企業はブランド力や安定しているといったイメージから人気が高く、例年、大勢の学生が集まるため倍率は高くなりがちです。

学歴だけで合否が決定するわけではありませんが、就職に対して意欲が高い一流大学の学生も集まりやすく、結果的にどうしても高学歴の人が採用されやすい面もあるようです。

新卒採用の内容

通信会社の新卒採用は、基本的に大卒以上の学歴の人を対象としており、「総合職」という大きな括りで実施されています。

ただし、そのなかで事務系の仕事と技術系の仕事に分かれており、それぞれ別の枠での採用試験が行われることもあれば、試験は同じで入社後、大学での専攻や適性などを踏まえて配属が決定されることもあります。

なお、事務系の職種としては、おもに営業、商品・サービス企画、マーケティング、カスタマーサービス、そのほか総務、人事、経理、財務、情報システム、法務といった管理部門の仕事が挙げられます

技術系の職種としては、基礎研究、設備建設、技術開発、システム保守・運用などがあります。

事務系については学部・学科不問となっており、技術系は理系の学生が中心となりますが、全学部の学生が応募できる企業もあります。

新卒で入社した場合は、入社後の勉強や実務を通じて知識・スキルを身につけていくため、入社時点で高いレベルの専門性が問われることはほとんどありません。

仕事に対する熱意や将来の目標などが明確であれば、採用されることはそこまで難しくはないでしょう。

キャリア採用は即戦力が求められる

もうひとつ、通信会社の採用活動として「キャリア採用」というものがあります。

こちらは、基本的に社会人経験がある人を対象としているため、新卒採用とは異なり、業務経験やスキル、資格などが求められる傾向にあります。

営業、マーケティング、システムエンジニアといったように、人材が不足している職種に関して応募が出されるケースが多くなっています。

キャリア採用でも大手企業には大勢の転職希望者が集まり、試験の倍率はかなり高くなることがあるようです。