通信会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

企業の採用試験を受験する

通信社員として働くには、各社が実施する社員採用試験を受ける必要があります。

採用試験は、大きく分けると「新卒採用」と「キャリア採用」の2種類があります。

大手通信会社では、基本的に新卒採用を毎年必ず実施しており、数百名単位という大きな人数を一括採用しています。

新卒の多くは「総合職」として採用され、本人の希望や適性などを踏まえて入社後に各部門へ配属される流れが一般的です。

社会人経験を持たないため、入社時点での知識やスキルはそれほど求められません。学生時代の専門分野を生かすこともできますが、熱意や伸びしろでが重視される傾向にあります。

一方、キャリア採用はすでに社会人経験のある人を対象とした採用活動になるため、基本的に即戦力になれる人が求められます。

職務経験の豊富さ、専門知識や技能を持っていることが重視されます。

必要な学歴、有利になる学部は?

通信会社ではさまざまな仕事がありますが、新卒採用の場合は、一般的に「総合職(事務系)」と「総合職(技術・エンジニア系)」の2つの区分で実施されることが多いようです。

事務系のおもな仕事としては、営業、事業企画、カスタマーサービス、管理などの業務があり、技術・エンジニア系のおもな仕事としては、システム開発、技術開発、基礎研究、保守・運用などの業務が挙げられます。

総合職であるため、幅広い仕事に携わる可能性があります。また、とくに20代のうちは数年ごとにジョブローテーションが実施され、いくつもの部門の仕事を経験することも多いようです。

なかには、単独で「研究開発職」の採用を行っている企業もあります。

学歴は、大手であれば「大学以上」が条件とされていることも多いですが、なかには高等専門学校や専門学校の人でも応募できるところもあります。

学部・学科については基本的に「不問」ですが、技術職や研究開発職については、理系の学生からの応募が中心となっているようです。

キャリア採用について

キャリア採用の場合は、より細分化した職種での採用活動が行われることが多く、「ソリューション営業」「マーケティング」「システムエンジニア」といった形での募集がかけられています。

必要なスキルや資格、実務経験などは企業や職種によってもだいぶ異なるため、事前に確認する必要があります。