通関士の就職、求人募集状況

通関士試験に合格した場合、就職先は通関業者か、貿易に関連する企業か、いずれかを選ぶこととなります。

通関士試験突破、その後

通関士試験に合格しただけでは、通関士と名乗ることはできません。通関業者に就職し、税関からの確認を受けなければならないのです。

通関士の有資格者の就職先は、

1.通関業者(通関士の業務を行う)
2.それ以外の企業;商社・メーカーなど貿易に関する業務を扱う会社(通関士試験で習得した知識を生かす)

となります。

2の場合には、通関士試験合格者であっても通関士と名乗ることは許されていません。

通関業者で働く

通関業者は、通関に関する手続きを代行して行う業種です。

具体的には、陸運・空運・開運等の運送会社、倉庫業者・旅行業者などがあります。大手企業から中小企業まで、全国に1,000社近くの通関業者があります。

通関業の営業所には、最低1人は通関士を設置しなければなりません。そのため、従業員に通関士取得に向けた勉強をさせているところが多いようです。

原則的には、自社で実務経験を積ませ、資格を取得させて働かせる、というのがほとんどです。

もっとも、それでも思い通りに資格取得できなかったり、営業所の新規展開に追いつかなかったりすることがあります。

このような場合には、外部から有資格者を募集・採用して、通関士として雇っています。

求人情報には出てこないような場合もあるので、直接通関業者に問い合わせるなどの、努力が求められることもあります。