通関士に英語力は必要?

求められる英語力は?

通関士は、貿易に関する手続きを行う職業です。そのため、最低限の英語力は必要となります。

とはいえ、ほとんどが決まった単語なので、高度な英語力までは求められません。

通関士試験と英語力

通関士試験には、申告書を作成する科目があります。この中で、「Signature(署名)」などの英単語が出てきます。ですから、中学卒業・高校卒業程度の英語力は必要です。

もっとも、そこまで難しい単語は出題されないので、過去問演習で慣れておけば問題ありません。

試験で覚えなければならないことは、英単語以外にもいっぱいあります。貿易だから、英語力を…とばかり考えていると、肝心の専門知識の習得がおろそかになることもあるので、注意が必要です。

通関士の業務と英語

通関士として仕事をする際には、英語を用いる場面があります。書類の作成などで必要となるのです。

しかし、大半は実務経験を積むうちに自然と身につきます。使う英単語も決まったものばかりなので、英語力というよりも「慣れ」が要求されるといえるでしょう。

就職・採用と英語力

通関士試験を突破した後、就職するのは「通関業者」「商社」などの企業となるでしょう。

どこに就職するにせよ、英語力はあるに越したことはありません。TOEICで高いスコアを取っておくと、就職の際に有利になるはずです。

実際の仕事をする際にも、英語力は必要となるので、通関士を目指す場合には基礎的な英語力を身につけるようにしておくといいでしょう。