トラック運転手のやりがい、魅力

物流を支える実感が味わえる

トラック運転手は、タクシーやバスのように、車にお客さまを乗せて走ることはありません。しかし、トラック運転手は日本の物流を支えるために不可欠な存在です。

スーパーやコンビニに当たり前のように並んでいる商品も、エネルギー源として欠かせない石油やガスも、誰かがネットショッピングで注文した小さな商品も、ありとあらゆるものがトラックによって運ばれているのです。

トラック運転手の活躍なくして、私たちの生活は成り立たないといっても過言ではありません。

決して目立つ仕事ではないかもしれませんが、社会をしっかりと支えている充実感を味わうことができます。

全国さまざまな場所を走れる

トラック運転手といっても、地域でルート配送を担当する人もいれば、遠隔地まで何百キロという距離を走る人までさまざまな人がいます。

自分がどのような仕事をしたいかによって業務内容は変わってきますが、大好きな車の運転をしながら全国あらゆるところを走れることは、この仕事の楽しいところだといえるでしょう。

また、決められた時間までに安全に荷物を届けるということをきちんと守れば、車に乗っている時間は自分一人で自由に過ごせますし、いつ休憩をとるかなども比較的自由に決めることができます。

静かに机に向かって仕事をするよりも、外に出ることが好きな人には魅力的だと思える仕事でしょう。

経験や技術があれば転職もしやすい

トラック運転手として働くためには、運転するトラックの種類に応じた免許が必要となりますが、免許は一度取得してしまえば違反を起こさない限りずっと有効です。

また、この世界は経験が重視される仕事でもあります。ベテラントラック運転手になれば別の会社へ転職する際に優遇されたり、給与面などで良い条件を提示されることもあるでしょう。

会社によってはがんばればがんばるだけインセンティブを支給するところもありますし、お客さまさえ集めることができれば独立することも可能です。

手に職をつけて実力を発揮して働きたい人にとっても、魅力ある仕事だといえるでしょう。