トラック運転手のつらいこと、大変なこと、苦労

それなりの体力が必要

運転手のなかでも、トラック運転手は体力が必要な部類の仕事だといわれています。その理由は大きく2つあります。

ひとつは、担当によっては不規則な生活を強いられたり、拘束時間が長くなりがちであることです。

長距離運転をするとなれば、深夜や早朝に高速道路を走ることが多いですし、1回の勤務でかなりの距離を運転します。

もうひとつは、場合によっては荷物の積み降ろし作業にまで携わることがあるということです。荷物のなかにはとても重いものもあるため、腰をやられてしまう人も多いといわれます。

いずれにしても、運転中は常に安全運転のために集中していなくてはなりませんから、精神力も体力も必要な仕事だといえます。

時間厳守のプレッシャー

トラック運転手は、いかなる場合でも時間を守ることが求められます。決められた時間までに目的地へ運ぶことができなければ、物流が滞ってしまうからです。

安全運転でも間に合うように余裕を持って出発しますが、予期せぬ事故渋滞などに巻き込まれてしまった場合には、休憩時間を短縮して走らなければならないこともあります。

「法定速度の順守」と「時間厳守」の狭間で、神経をすり減らす日も少なくありません。

食事や休憩がままならないことも

長距離トラックの運転中は、思うように食事や休憩がとれないこともあります。

ゆっくりと車を停めて飲食店に入れればまだよいほうです。

場所によっては、なかなか大型車両が停められる駐車場が見つからないこともしばしばありますし、コンビニで買ったパンやおにぎりなどを車内で食べるだけということになることもあります。

最近ではシャワーやコインランドリーを完備したサービスエリアも増えているものの、これも場所によってはまったくないということもあります。

ルート配送や宅配専門の運転手などは規則的に働ける場合もありますが、長距離トラックの運転手をするとなれば、毎日規則的にきちんと生活をしたい、という人にとっては少々厳しいといえるかもしれません。