トラック運転手の種類

ひとことで「トラック運転手」といっても、実際にはさまざまな種類のトラックを運転している人がおり、運ぶものも宅配物からガソリン、薬品、木材、食材などまで多岐にわたります。

ここでは、トラック運転手の種類について紹介します。

大型トラック運転手

お客さまから依頼を受けた荷物を、荷揚げ場所から荷卸し場所まで配送します。

荷卸し場所は遠隔地であることが多いため、高速道路を含めて長距離を走ることになり、勤務中は食事や仮眠などもトラックの中で行うのが一般的です。

交通ルールを守りながら、安全に時間通りに荷物を運ばなくてはなりません。

拘束時間は長くなりがちですが、トラックの中では自分一人の時間を過ごせるため、長距離運転が平気な人にとってはストレスをあまり感じないようです。

中型トラック運転手

大型トラックと同様、荷揚げ場所から荷卸し場所まで荷物を配送しますが、日帰りできる中距離の運転が主となります。

ただし、勤務時間は日中であったり夜間に走ることもあったりと、会社によって異なります。

フォークリフト免許を持ち、荷物の揚げ卸しを自ら兼任することもあります。

小型トラック運転手

普通自動車免許で運転できるトラックです。宅配業務や、集配所間のルート配送など、ニーズの高い業務でもあります。

大型・中型トラックで遠隔地から主要都市へ配送されてきた荷物を、各エリアへ分配するために走ることもよくあります。

小型トラックでは、日中の時間帯に働くことが多いとされています。

宅配運転手

運送会社や集配所から、オフィスや個人宅などに荷物を届けたり、集荷希望の連絡を受けて荷物を引き取りに行く仕事です。

それぞれ決まったエリア内を担当することが多く、トラック運転手のなかでも地域密着型だといえるでしょう。

コンビニのルート配送や、百貨店や大手スーパーの即日配送サービスなどを引き受けている会社もあります。

トレーラー運転手

いわゆる「けん引貨物自動車」を運転する運転手です。トラクター(運転席部分)とトレーラー(荷台)が分離できる構造になっており、大量の重い荷物を積んで、長距離を走ることが一般的です。

危険物を扱うこともあるため、安全運転に対する意識は運転手のなかでもより強く必要とされます。深夜に高速道路を走ることが多いことも特徴のひとつです。