トリマーの仕事内容

技術を駆使して、ペットの毛を整える

トリマーの仕事は、犬や猫を中心とするペットの「トリミング」(毛を整えること)を行うことです。

人間が美容院や床屋へ行くのと同じように、ペットも定期的に毛を整えることで、清潔に、見た目も美しく保ちます。

トリマーは、主にトリミングサロンや動物病院、ペットショップなどで働いています。お客さんが来たら、まずはどんなスタイルにするのかを話し合うことから始めます。

たとえば、同じ「犬」でも、その種類によって似合うスタイルはさまざま。

柴犬なら全身の毛を短めに刈り込んだ清潔感あるスタイルに。プードルならクマのぬいぐるみのように見えるテディベアカットと呼ばれる愛らしいスタイルに。

ヨークシャーテリアなら長い毛をつややかにブラッシングした優雅なスタイルに…というように、それぞれの犬の毛質や体のサイズに合わせてカットの方法を決めていきます。

飼い主さんによっては、ペットのヘアスタイルに強いこだわりを持っている人もいます。

「家の中で飼っているのでとにかく毛が飛び散らないように短くしたい」と思っている人もいれば「毛並みを美しく整えてドッグショーに出したい!」と思っている人もいるでしょう。

動物の特徴はもちろんのこと、飼い主さんの好みや理想を把握したうえで、ふさわしいスタイルを見つけ出すことがとても大切です。さらに、そのスタイルを実践するためには、確かな経験と技術が求められます。

トリミング〜仕上げ

どんなスタイルにするのかが決まったら、作業スタートです。まずは全身のシャンプーをして汚れを落とし、ドライヤーで乾かして丁寧にブラッシングをします。大型犬の場合はこの作業だけでも一苦労です。

ブラッシングができたら、いよいよカットをします。こうした作業のことを「トリミング」と呼びます。時にはカラーをしたり飾りをつけたりし、ペットをきれいに、魅力的に仕上げ、スタイルを整えて完成です。

健康面のケアも大切

もう一つ、トリマーにはペットのヘアスタイルを整えること以外にも大切な役割を担っています。それが、ペットの健康面をチェックすること。

トリマーは、ペットの爪を切ったり耳そうじをしたり肛門腺をケアしたりしながら、直接ペットに触れていきます。そこで、もし健康上の異変に気付いたらすぐ飼い主に伝えることで、ペットを大きな病気から守れるかもしれません。

そのため、トリミング技術だけではなく、病気や栄養、飼育方法など、動物に関するさまざまな知識を身に付けておくこともトリマーにとっては大切です。

このように、動物の美容と健康を総合的にケアするのが、トリマーの大事な役割です。

仕事体験談