トリマーの現状と将来性

ペット向けの新サービスが続々と登場

一昔前は、一軒家に住まなければ普通ペットは飼えませんでした。

しかし最近では、ペット飼育可能なマンションが続々と誕生したことによって、都心の賃貸マンションでも気軽にペットを飼うことができるようになっています。

ペットが私たち人間にとってより身近な存在になるにつれ、ペット専用の美容室やホテル、ペット専用の可愛い洋服やアクセサリーショップ、ペット専用のお菓子屋さん…といったような、ペット向けの新しいサービスがどんどん登場しています。

最近では、ペット専用のマッサージやネイル、セラピーまで人気を集めているそうです。

ペットが人間と同じ家の中で暮らし、人間と同じようにおしゃれをし、人間と同じように健康や食に気を配った生活をするということが、もはや決して珍しいことではなくなってきたのです。

トリマーに期待される役割は拡大

こうした中で、トリマーの仕事はよりいっそう注目を集めています。

飼い主だけではケアできないペットの美容や健康をトリマーがパートナーとして手助けすることで、より楽しいペットライフを送ることができるからです。

これから少子高齢化がさらに進む中で、ペットをわが子・わが孫同然に育てようとする家族も多いでしょうから、トリマーの役割はますます大きくなっていくと考えられます。

ブームの陰で激しい競争も

こうしたペットブームの波に乗って、たくさんのペットショップやペットサロンが新設されているのも事実です。

とくに都心部では、狭い範囲にいくつもの店があり、店同士の競争が激しくなっています。トリミングの価格を下げることでお客さまを集める店も出てきました。

一方、「安かろう悪かろう」を敬遠する動きから、よりサービスや高い技術力にこだわったオリジナリティあふれるサロンも登場しています。

競争の中で店が生き残るためには、まずそこで働くトリマー自身が日々技術を磨き、新しいサービスを生み出す意欲を持つことです。

お客さまとの信頼関係を築き、「このトリマーに任せたい!」と思ってもらえるような、選ばれるトリマーを目指していく必要があるといえます。

確かな力を身に付けたトリマーになれば長く働き続けていくことができるのはもちろん、独立開業し、自分が理想とするトリミングサービスを提供することも可能です。

仕事体験談