トリマーに向いている人、適性

動物が大好きでい続けられること

「動物が好き」という思いが出発点となってトリマーを目指す人は多いですが、実際、この仕事は動物が好きでないと続きません。

1日を通して、人間と話す時間よりも、動物と向き合っている時間のほうが圧倒的に多いのがトリマーの仕事。言葉を話せない犬や猫と対峙し続けるのは、大変な面もあります。

どんなときでも動物の気持ちに寄り添い、心を通わせて愛情を感じられることが何よりも大切なことです。

飼い主の要望を汲み取る力

トリマーは、とにかくカットの技術さえ優れていればよいと思われがちですが、実は、それ以外にコミュニケーション能力も必要です。

人間がヘアカットする場面を想像してみてください。もし美容師とお客さまがしっかりとしたコミュニケーションがとれていなければ、終わってから「こんなはずじゃなかった」ということになりがちです。

せっかくお金をかけてスタイルを変えたのに、満足できない仕上がりになってガッカリしてしまいます。

これは、動物のトリミングでも同じこと。飼い主は、自分のペットを「こんな風にしたい」と希望を抱いてお店にやってきます。

中には漠然としたイメージしか持っていない方もいますが、お客さまの理想を、トリマーがしっかりと聞き出して作業に入らなければ、お互いの満足にはつながりません。

プロ目線での提案と想像力

ときには、お客さんのリクエストに対してアドバイスや新しい提案を加えることも大切です。

言われたことをそのままこなすだけではなく、

「このスタイルをこう変えるとお手入れがもっと楽になりますよ」
「夏場はこういうスタイルのほうが涼しくて衛生的ですよ」

など、プロとして適切な声掛けができれば、お客さまはもっと喜びます。

見た目のかわいさだけでなく、その動物がその季節を快適に過ごせるかどうかや、飼い主さんにとってお手入れが負担にならないかどうかも含めて総合的にアドバイスができるようになると、ペットのケアの専門家としてよりいっそう信頼されるようになるでしょう。

簡単にくじけないタフさも大切

トリマーは、体力が必要な仕事です。シャンプーやカットが嫌いで暴れるペットは上手に押さえなければいけませんし、体重が40キロを超えるような大型犬を抱きかかえて作業をすることもあります。

また、「カットした毛が目に入る」「大声で吠えられる」「手を噛まれたり引っかかれたりする」ということもあります。

さらに、作業中は基本的にずっと立ちっぱなしとなるため、腰痛や肩こりに悩まされる人も多いです。

「かわいい動物のために体を張ってがんばりたい!」と思う気持ちが、トリマーとして活躍していくうえでは欠かせません。

仕事体験談