トリマーに動物看護師資格は必要?

動物看護士とは

動物病院等で働く獣医療補助者のことを動物看護士と呼びます。

動物病院以外の活躍の場としてはペットショップやトリミングサロン、検査会社、研究機関、ペット保険会社、その他動物系施設・企業などが挙げられます。

動物看護士として働くためには認定教育機関で所定の課程を修了し、一般財団法人動物看護師統一認定機構が行う試験に合格し、「認定動物看護師」の資格を取得することが必須です。

現段階でこの資格は対人の看護師とは異なり、国家資格でも公的資格でもありません。

しかし、動物医療に携わる上で必要な知識や技術があることを示すものとして、近い将来公的資格化されることが予想されます。

動物看護師の仕事

動物看護士はトリマーもできる?

動物看護士を養成する認定教育機関では基本的なトリミング技術を学ぶ単位が教育課程に含まれています。

そのため、動物看護士の資格を持っている人はある程度のトリミングができると考えていいでしょう。

ただし、医療現場におけるトリミングは、皮膚病の治療やオペ準備といった一般的なトリマーが得意とする美容に特化したものとは少し異なります。

そのため、サロン等で働く場合、その場に応じたトリミングは自身で習得していくことになるでしょう。

資格は持っていることに越したことはない

一般的にトリマーになるのに必要なのは実務経験か専門の教育機関を卒業していることです。

トリミングに関する資格は民間のものが乱立している状態でどれも必須ではありません。

もちろん、特定の資格所持を採用の条件にしている会社もあるので、持っていた方が有利であるとはいえ厳密には必須資格がないといえます。

動物看護士の資格を持っていれば医療従事者として働くこともできる上、トリマーとしての採用も目指せるので、職業選択の幅が広がります。

トリマーとしての理想を明確に持とう

動物看護士の資格を持っていればトリマーとして活躍することが可能ですが、やはり専門は医療です。

美容に特化したトリマーを目指すなら、自主練習は必要不可欠です。

逆に動物看護士の養成機関よりもトリマーを養成する専門学校で学んだ方がよいかもしれません。

医療に特化したトリマーを目指すなら、もちろん動物看護士の資格は必須であるといえます。

トリマーとしてどのような活動がしたいのかを明確にすることによって必要な資格は自ずと見えてくるはずです。