社会人からトリマーになるには

トリマーへの転職のために

子どものころから動物が大好きだったけど、他の仕事に就いてしまった。それでも、どうしても夢が捨てきれないので、今からでも転職してトリマーになりたい、と考えている社会人の方もいるのではないでしょうか。

トリマーに転職するために、特別な資格は必要ありません。

ただし、動物に関して何の知識も技術も持たないまま新たにトリミングの世界に飛び込んでも、実際の仕事の現場では役に立てないことが多いのが現実です。

そこで、社会人からトリマーを目指す人のための選択肢の一つとして、トリマー養成のための専門学校の夜間制コースに通うという方法があります。

夜間制のコースは夕方以降に授業があるため、日中は今まで通り仕事をしながら授業を受けることが可能です。

家の近くに夜間制の学校がない場合は、通信講座を使う方法も考えられます。仕事前の早朝や帰宅後、通勤中などの時間を利用して、自分のペースで勉強することが可能です。

無事にカリキュラムを修了して卒業試験にも合格したら、いよいよ転職活動。夢への一歩が始まります。

現場に入ってトリマーを目指す

通学での授業や通信講座を受けずに、すべてを現場で学びながらトリマーを目指すことも不可能ではありません。

今の会社を辞めて、まずはペットショップのアルバイト店員になり、犬や猫の世話をしながら経験を積む方法です。一生懸命仕事を覚えていけば、いずれ正社員になれる可能性もゼロではないでしょう。

なお、未経験者で何の知識もない人が、いきなり正社員のトリマーとして採用される可能性は非常に低いといえます。アルバイトからのスタートを覚悟しておくべきです。

現場だからこそ学べることも多いのですが、デメリットもあります。

まず、仕事となれば授業のように誰かが丁寧に教えてくれるとは限りませんし、ペットショップで販売していない種類の犬や猫に対しては、なかなか知識を身に付けることができません。

また、正社員からアルバイトになれば、一般的に給料は大きく下がりますし、社会保険や福利厚生などの面でも不安定な身分となります。

トリマーの仕事は体力面でもハードですし、全体としてそこまで高額な給料をもらえる仕事ではありません。先が見えないまま、いきなりトリミングの世界に飛び込むのは相当な勇気と覚悟がいるといえます。

しかし、それでも「やる」と決めたとしたら、突き進むのみです。

仕事以外の場でも、独学で動物の生態を学んだり、カットの技を磨いたりして他の人よりも努力を続ければ、一人前のトリマーとしてデビューできる日はそう遠くないでしょう。

経済的な問題は慎重に考えよう

社会人からトリマーに転職をしようと考えている場合、ある程度の貯金をしてから転職するほうが安心です。

トリマー養成のための勉強をする場合、数十万円の費用がかかります。また、ようやくトリマーに転職できたとしても、新人のうちは見習い扱いですから、高い給料をもらえることはまずないでしょう。

小規模なトリミング店は賞与もなく、福利厚生も整っていないことがありますので、ある程度の生活費を蓄えておくことが必要です。

転職するにあたって、当面の経済的な問題をどうやってクリアするのか、苦労してでもどうしてもトリマーになりたいという覚悟があるのか、十分に検討する必要があります。

仕事体験談