トリマーの資格

トリマーの資格とは?

トリマーは、なるために特別な資格が求められる仕事ではありません。

トリマーの場合、医師や弁護士、調理師などのような国家資格はありませんし、官庁が認定する公的資格も存在していないのです。

ただし、民間の会社や団体が運営する民間資格は複数存在しており、民間資格を持っておくことで、就職や転職の際のアピール材料になったり、有利に評価されたりすることがあります。

資格を持つことで、一定の知識や技術があることを客観的に証明できるからです。

また、資格の勉強を通して、自分自身の技術や知識を深めることもできます。こういったことから、トリマーを目指す人の中には、積極的に資格を取得しようとしている人も多くいます。

ただし、資格があるから必ず就職できるというわけではありませんし、中にはあまり評価のされないトリマーの資格もありますから注意が必要です。

トリマー資格試験の難易度・合格率

トリマーに関連するさまざまな資格

「トリマー」の仕事に関連する民間資格には、いくつも種類があります。

主なトリマーの資格

・NPO法人日本動物衛生看護師協会が認定する「ドッグ・グルーミング・スペシャリスト」「キャット・グルーミングスペシャリスト」
・社団法人ジャパンケネルクラブが認定する「JKC(ジャパンケネルクラブ)認定トリマー」
・「一般財団法人日本能力開発推進協会が認定する「トリマー ペットスタイリスト」

この3つ以外にもさまざまな資格があります。主催する団体によって試験内容や資格の名称は異なりますが、どれもトリミング技術を証明する民間資格になります。

また、一つの資格の中にも初級から上級までランク分けされているものがあります。

トリマーの養成学校では、こういった資格の取得を目指したカリキュラムが組まれているところもありますが、どの資格取得を目指す学校なのか、そしてその資格がどの程度の評価を得られるものなのか、しっかりとチェックしておくことが大切です。

有利に就職活動を行うために

就職活動は少しでも良い条件で展開していきたいものです。

中には人柄ややる気を重視し、未経験者を歓迎している会社もありますが数としてはそれほど多くありません。

トリマーを目指すにあたっては前掲の資格が大きなアピールポイントになることはいうまでもないことです。

さらに資格に関しても条件をつけている会社もあります。

たとえば専門学校卒業を応募資格としている会社においては通信講座や独学で資格を取得した人は原則応募が不可能です。

これは実技経験が豊富な専門学校生の経験を期待してのことであると考えられます。

また同じ資格であってもJKC公認トリマー資格保持者に限って求人を出している会社もあります。

その理由としてはJKCの歴史が古く、公認トリマー資格が技術に応じて段階分けされていることから採用側も力量を測りやすいという点で数ある民間資格の中でも公共性が高いことが挙げられます。

より多くの求人に応募するにはJKC公認トリマー養成機関に認定されている専門学校を卒業してJKC公認トリマー資格を取得することをおすすめします。

仕事体験談