未経験からトリマーになれる?

学校に通うと有利になるケースが多い

トリマーは、人間を相手にする美容師とは異なり、国家資格が必要ないため、誰でも今すぐにトリマーとして働ける可能性を秘めている職業です。

とはいえ、動物という命あるものを扱う仕事であること、また業務では専用のハサミを駆使するなど、特別な技術が求められる仕事であることなどから、素人がいきなりトリミングを行うのは非常に困難です。

そこで、まず専門学校やスクールなどでトリマーとしての基本を学び、そのうえでトリミングサロンやペットショップ、動物病院などへ就職するという道が、トリマーになるうえでの一般的なものとなっています。

トリミングサロンなどの求人募集では、「未経験者可」としているところも多いですが、実際には専門学校卒業生が優遇されているといったケースも多いようです。

いきなり現場に入ることも可能

一方で、専門学校やスクールに通学せず、真っ白なところからトリミングサロンなどで働き、さまざまな業務をこなしながら技術を身に付けていくことも不可能ではありません。

ほとんどの場合アルバイトとしてのスタートになりますが、学校に通うより早く現場に出られますし、何より少額であってもお給料をもらいながらスキルアップできるのはありがたいことです。

ただし、職場によっては1年間ずっとシャンプーばかりを任されたり、雑務ばかりでトリミングについてなかなか覚えられないといったこともあるようです。

技術が身に付くまでは、一人でトリミングを任されることはありません。

いきなり現場に入る場合、修業期間がどれくらいなのか、どのような仕事からスタートして、どうキャリアアップできるのかを確認しておく必要があります。

活躍できるかどうかは自分次第

学校に通っても、いきなり現場に入っても、結局、その後活躍できるかどうかは自分次第です。正直にいえば、トリマーの仕事は「臭い・汚い・危険」を表すいわゆる「3K」ともいわれるほど、大変な労働環境です。

しかし、それでも熱意を持ってがんばっている人たちがたくさんいます。つらいと感じることがあっても、続けていれば必ず技術力は上がっていきますし、すぐにあきらめてしまえばそこまでです。

未経験者と知識・経験がある人とでは、たしかに仕事を始めるスタート時点の立ち位置は異なります。

しかし、その後は自分次第で大きく差を詰めることもできますし、努力すれば認めてくれたり、評価してくれる人も出てきます。未経験からでも自分次第で十分に活躍できる仕事といえるでしょう。