中卒、高卒からトリマーになるには

学歴は不要だが…

トリマーとして働くために資格は必ず必要になるものではありません。

特別な定めはないので理屈としては無資格でもトリマーになることは可能です。

したがって中卒、高卒で資格を持たずに就職を目指すこともできないわけではありません。

しかし実際の求人を見てみると実務経験があることを必須条件としている会社が大半を占めています。

未経験者歓迎となっていても専門学校の卒業や民間資格の所持が採用の条件となっていることがほとんどであると考えていいでしょう。

正社員登用は難しい

運良く受け入れてくれる会社が見つかったとしてもアルバイトとしての雇用になることを覚悟しておきましょう。

さらにトリミングに関われる機会も最初のうちはほとんどないことも珍しくなく、雑用がメインになってくるでしょう。

とにかく時間をかけて信頼関係を築き、一日も早い正社員採用を目指すことが当面の目標になってきます。

また無給で技術指導を受けるという方法もあります。

他のアルバイト等で収入を得ながら退勤後や休日に会社に通い、トリミングの基礎を教わるという形です。

生活はハードになりますが情熱次第でトリマーとしての知識や技術が習得できます。

一人前として認められればそのまま雇用してもらえる可能性もあります。

中卒でも専門学校に入れる?

トリマーを目指すには専門学校に入学することが最も近道であり確実な方法です。

高卒であればどの専門学校でも受験資格をクリアしているため、通学期間や費用を検討し、自分にあった学校をみつけましょう。

また中卒であっても進学を諦めることはありません。

少数ではありますが専門学校の中には中卒者の入学を受け入れているところもあるのです。

高卒者と比べて在籍年数が長い場合もありますがトリミングに関する技術、知識の習得のみならず高卒と同等の資格が付与されるため、進学を目指すことをおすすめします。

進路決定は慎重に

トリマーになりたいという気持ちが極めて強い場合、あえて普通科の高校に進まずに専門学校への進学を選ぶ人もいます。

メリットはなんといっても早く現場に出られることです。

技術と人間性次第で学歴は十分にカバーできます。

一方デメリットとしては、まず専門学校在学中に進路希望が変わってしまう可能性があることが挙げられます。

15歳で一生の仕事が決められるかどうか、ということです。

中卒時点と大卒時点で気持ちが変化するのは自然なこと。中卒で職業が限定される進路を選ぶことには慎重になってもよいでしょう。

また一般的な高校生活で経験する年間行事等からは学ぶことがたくさんあります。

これを経ずに社会に出ることにより、人によっては対人関係の構築が上手くできず仕事上弊害が出てきてしまうこともあります。