トリマーの勤務時間・休日

トリマーの勤務時間

トリマーは、就職先となるペットショップやペットサロン、動物病院等の開店時間に合わせて働きます。勤務時間は、朝〜夕方ごろまでというのが一般的です。

朝、開店時間の30分〜1時間くらい前には出勤して掃除や予定表のチェックを行い、開店後は閉店までトリミングや接客などを続けます。

店の閉店時間は地域によって大きく異なりますが、大体18時〜20時くらいであることが多いようです。ただし、都心では働くお客さんのために遅い時間まで営業しているところもあります。

この場合は、仕事が終わるのが22時〜23時ごろになることもあります。

残業はある?

トリマーの仕事では、早朝や深夜の勤務や泊まりこみの勤務、宿泊出張などはほとんどないようです。

ただし、スタッフの数が少ないなどで日常的に残業が多く発生する店舗もあるため、就職前に確認しておいたほうがよいでしょう。

トリマーの休日

トリマーの勤務形態の特徴は、土日祝日を含めた「シフト制勤務」であることが多いという点です。

仕事をしている飼い主にとっては、ゆっくりペットの世話をすることができるのは休日だけ。土日や祝日には、たくさんのトリミングの予約が入ります。

そのため、トリマーの休日は平日になることが多くなります。正社員やフルタイムで働く場合、休日は月に6日〜8日程度が一般的です。

夏場や年末の長期休暇は大忙しです。

暑くなる夏には「ペットの毛を短くして涼しくしてあげたい!」という飼い主が多く、年末は「ペットも美しく身だしなみを整えて新年を迎えさせてあげたい」という飼い主が増えるのです。

世間と同じ時期には休みにくいため、家族や友人との予定を立てにくいというのが難点です。

ただし、平日に休みをとると、街が空いているときにのんびり買い物をしたり、繁忙期を避けて旅行ができるなど、良い面もあります。

仕事体験談