トリマーの就職先、活躍の場

トリマーの多くは、ペットサロン、ペットショップ、動物病院などで活躍しています。

勤務先によってトリマーの仕事内容や役割は少しずつ異なりますが、ここではそれぞれの主な特徴を紹介します。

ペットサロン

個人店からチェーン店まで、日本全国にはたくさんのペットサロンがあります。店によってサービス内容は少しずつ異なりますが、技術を持ったトリマーはどのような店でも重宝されます。

ペットブームの継続、また店舗間の競争が激しくなるにつれ、サービスの多角化も進んでいます。

ペットの送迎サービス、ペットホテルサービスなどのほか、最近では、ペット向けのネイルアートやマッサージなど、人間さながらのリラクゼーションサービスを提供する店も。

確かな技術はもちろんのこと、飼い主や動物に対する高いホスピタリティ精神が特に求められる環境だといえます。

ペットショップ

犬や猫などの動物を販売するペットショップでは、トリミングサロンやトリミングルームを併設していることが多いです。個人店もありますが、チェーン店のように比較的規模の大きな職場が多いことが特徴です。

このような場で働くトリマーの場合、トリミングを行うだけでなく、ペット向け商品などの販売の仕事まで任されることがあります。

また、店で販売した子犬が、その後のケアで定期的にトリマーの下を訪れ、長期間関わっていけるケースもあります。

動物病院

動物病院といえば、獣医師が診察や治療をする場所と思うかもしれませんが、最近では動物病院内でトリミングまで行うところが増えています。したがって、動物病院で働くトリマーも増えています。

トリマーの役割の一つに「ペットの異常をいち早く発見する」というものがあります。

ペットに直接触れるトリマーだからこそ、皮膚が炎症を起こしていないか、目やにが出ていないか、などの異常も見つけやすいのです。

もしトリマーが異常を発見した場合、ペットはすぐに獣医師に診察してもらうことができます。

飼い主やペットにとって、「かかりつけのお医者さん」がいる病院でトリミングをしてもらえることには、大きな安心感があるようです。