トリマーの需要

ペットブームは今後も続く

トリマーの需要は高く、今後もこの状態が継続すると考えていいでしょう。

少し前までペットを持つことは戸建てでないと難しいものでした。

しかし、ペットブームが叫ばれて久しい現在、動物の飼育が可能なマンションやアパートが増えてきたことで、若年の単身者などといったそれまでペットを持つことが珍しかった層にもブームが広がっています。

このような状況に伴い、トリマーの需要は継続してあるといえます。

ペットは家族の一員

国内でペットブームが始まった当初、犬は屋外で飼育するのが主流です。

猫も日中は外で過ごさせることがほとんどでした。

しかし現在では衛生面の管理や病気の予防といった観点からペットは屋内で飼うのが一般的になっています。

こうした変化に伴い、以前はごく一部のペットのおしゃれのためのものという認識だったトリミングが、すべてのペットに対して当たり前に行うものとして定着するようになりました。

また、トリミングが病気の予防という観点でも推奨され始めたことも手伝い、トリマーの地位や需要はますます高まっているといっていいでしょう。

プラスアルファの要求に応えたい

時代が変化するにつれ、ペットの美容にも気が配られるようになってきました。

現在ではペット用のマッサージやエステサロンなども登場するようになり、人気を集めています。

こういった新しいサービスに関心が高まる中、トリミングへの期待や要求も大きくなっているのが現状です。

かつてのように、ただ毛を短く刈って整えるだけでは飼い主の満足は得られないでしょう。

トリマーはペット達の健康のみならず美容のためにも、カットやシャンプーのみをこなすということではなく、より高い水準でトリミングを行っていく必要があります。

あわせてマッサージやエステの技術も習得し、ペットの美容に関するトータルサービスが提供できると人々の需要に多方面から応えることができるでしょう。

競争激化は必至

現在、トリマーの需要は高く、今後もその勢いは衰えることがないという状況であることは前項までで述べてきました。

しかしその一方でトリマー業界全体の競争がますます激しくなることは避けられません。

選択肢が増えてきている以上、より良いものを選ぼうとするのは消費者として当然のことです。

より多くの飼い主に選ばれ、支持されないと業界内で生き残っていくのは難しいでしょう。

たとえば前述のような美容面でさまざまなサービスが提供できることは大きな強みになります。

それ以外にも医学の知識を豊富に持ち、ペットの健康相談に応じられるのもよいでしょう。

とにかくトリマーとして優秀であることはもちろんのこととして、付加価値を充実させることが必須です。

仕事体験談