トリマーの1日

トリマーは基本的に、動物病院やペットショップの営業時間に合わせて勤務しています。店舗によって異なりますが、9時〜19時くらいの間で営業するところが多いようです。

あるペットショップで働くトリマーの1日

09:00 出勤

出勤後、制服に着替えたら開店準備。最初に行うのは掃除です。前日のトリミング作業で落ちた毛が残っていないかどうか、念入りにチェックしながら部屋中をキレイに磨きます。

10:00 開店

お客さんを出迎えたら、カウンセリングを始めます。どんなヘアスタイルにしたいのか、爪切りや耳掃除などのケアは必要か、ペットの状態を見ながら飼い主の希望を聞き出して作業内容を決めます。

10:30 トリミング開始

トリミングをする際に、1頭を仕上げるのにかけられる時間は、平均で1〜2時間。次の予約が入っていることも多いため、作業は時間との戦いです。

ただし、お客さまの大切なペットにハサミでケガをさせてしまうことだけは絶対に避けないといけません。慎重に、かつ素早く!というプロの技が求められるのです。

11:30 トリミング終了

仕上げまで終わったら、飼い主に出来をチェックしていただき、問題がなければ終了です。

作業が終わったらまた手早く掃除。動物の毛はいたるところに飛び散るため、店内を清潔に保つためにはこまめな掃除が欠かせません。

12:00 昼休憩

店内の休憩所で持参したお弁当を食べます。

13:00 トリミング開始

午後の仕事が始まります。予約の合間に飛び込みのお客さまが来店されることもあり、ほとんど休みなく仕事をこなしていく日も。

18:00 後片付け

お店の状況が落ち着いてきたら、少しずつ片付けに入ります。感染症を防ぐために、トリミングに使った器具などの消毒は欠かせません。

19:00 閉店

営業時間が終わったら、店内をくまなく掃除してから帰宅します。残業で帰宅が20時くらいになることもあります。

こんな仕事もトリマーが

このような作業の合間をぬって、トリマーは他にもさまざまな仕事をしています。

動物病院であれば受付や診察の手助け。ペットホテルを併設しているサロンであれば、宿泊しているペットへのエサやりや散歩。ペットショップであれば、ペットフードやおもちゃの商品管理や販売です。

また、どの店でも新たに増えてきた仕事のひとつとして「車の運転」があります。

最近では、トリミングの際にペットを飼い主の自宅まで送迎するサービスを行う店が増えており、この送迎もトリマー自身が行うことがあるからです。

気になる「休憩」「残業」は?

昼の休憩時間は、基本的に一時間。トリミングの予約の合間をぬって、スタッフが交代でとっています。

朝から予約がいっぱいのときには、15時頃になってようやく休めるということもありますし、30分の休みを2回に分けてとることもあります。

忙しくてゆっくり休憩をとれないときにもパッと昼食を食べられるように、弁当を持参しているスタッフもいます。

残業の状況は店によって違いますが、お客さまの数が多い都心のほうが増える傾向にあります。また、都心では仕事をしている飼い主のために、夜遅くまで営業しているトリミング店が増えています。

こうした店では「21時までトリミング受け付けOK」というケースも珍しくなく、予約が入ればトリマーは23時ごろまで残業をして対応することになります。

トリマーの仕事は接客業。1日のスケジュールはお客さん次第で決まっていくのが実情です。

仕事体験談