トリマーに必要なもの、求められるもの

動物に関わる仕事はさまざまありますが、日ごろから直接動物に触ることの多いトリマーにとって、動物を愛する気持ちは不可欠です。

ここでは「動物好き」ということ以外に、トリマーが大切にすべきこと、仕事をするうえで求められるものについて考えていきましょう。

「職人」であるというプロ意識

トリマーは、素人にはない特別な技術を駆使して、お客さまの要望に応えていく職人です。

トリマーが提供する「技術」は、お店に並べられた「商品」のように目に見えるものではありませんから、その分、大変だと感じることも多いです。

自分の技術が未熟であれば、お客さまが望むようなトリミングができずにガッカリさせてしまいます。そればかりでなく、手にはハサミを持つため、動物にケガをさせてしまう可能性もあります。

一方、すばらしい技術を提供できれば、「本当にありがとう」と心から喜んでもらえます。

良くも悪くも、自分のやったことに対する評価は、相手の反応でわかるのです。

トリマーはプロ意識を持って、お客さまに満足してもらえる技術を提供しなければなりません。お客さまの目に見えないところでの努力はもちろん、技術の追求には終わりがありません。

「もっと、もっと」という向上心を持って、仕事に向き合っていく気持ちが大切です。

相手の想いに応えること

いくらすばらしい技術を持っていたとしても、その力を振りかざして自己中心的に仕事をすることは許されません。

トリマーの仕事は、自分とお客さまのコミュニケーションの中で成り立ちます。

言葉で「イメージと違う」「もっとこうしてほしい」と伝えてくれる飼い主の期待に応えるばかりでなく、動物のしぐさや表情からも、その気持ちを読み取ろうとすることが大切です。

もし動物が怖がっているようなら、無理にトリミングを進めずに、まずは優しく声をかけたりなでたりして安心させることが先決。

そういった相手の「思い」にまで応えられるようになったとき、初めて信頼されるトリマーだと胸を張れるようになります。

アンテナを張り巡らせる探究心

トリミング技術には不変のものもありますが、一方で、トリマーは流行に敏感であることも大切です。

人間の髪型やメイクに流行があるのと同様、犬などの流行のスタイルも時代とともに変わっていきます。

そして、飼い主は自分のペットを少しでもかわいく、ハイセンスに見せるために、流行に乗りたいと考える人も多いです。

そのような場面で、トリマーがもし新しい情報を仕入れていなければ、相手の希望に応えられないという結果になってしまうでしょう。

また、飼い主に言われるがままにトリミングするのではなく、動物の特徴を見極めて、オリジナリティあるスタイルを提案することも大切。

動物は種類ごとに毛質も異なりますし、「この子にはピッタリだけれど、あちらの子にはふさわしくない」といった例も多々あります。

自分が担当する1頭ごとに最も似合うスタイルを提案するためには、それなりの引き出しを用意しておかなくてはなりません。

日常生活の中で常にアンテナを張り、感性を育て、創造力を発揮していくことができれば、トリマーとしての幅も広がっていくでしょう。

仕事体験談