トリマーのテクニック、技術は難しい?

道具を適切に扱えるかどうか

トリマーの扱う道具はハサミやバリカンといった使い方を誤れば犬に大怪我を負わせてしまう恐れのある危険なものばかりです。

トリマーの技術として第一に習得すべきは道具の適正な扱い方であるといえます。

ハサミ一つとってもその種類は数えきれないほどであり、大きさや重さ、切れ味もさまざまです。

たとえばメインで使用するカットバサミは切れ味が非常に良いため、デリケートな部分には使用しないのが一般的です。

このようにそれぞれの箇所に応じた道具を選ぶ技術はトリマーに必要不可欠であるといえるでしょう。

保定なくしてトリミングは不可能

トリミングの際、犬が暴れないように上手く押さえることを「保定」といいます。

この保定を確実に習得しない限り、トリミングをすることはできないといっても過言ではないでしょう。

適切な保定を行うことで、まず犬が怪我することを防げます。

ハサミやバリカンなどの刃物での施術の際、犬が動いてしまうことは最も避けたいことです。

次に美しいスタイルを作り出すことが可能になります。

美しいスタイリングはトリマーの技術の証明です。

不十分な保定ではどうしても毛の長さが均一になりません。

安全で美しいトリミングには正しい保定が必要不可欠なのです。

実践あるのみ

前掲の2つは実際に犬に触れ、トリミングを行っていくことで身についていきます。

専門学校に進学すれば十分な実習時間がとられているため、技術の修得の助けになりますが、独学や通信講座の場合は自身で実践の場をみつける必要があるでしょう。

最も手軽なのは実施に犬を飼うことです。特に保定の修得に関してはかなり効果を発揮するはずです。

その他、ペットショップ等でアルバイトするという方法もあります。

とにかく、実際に犬に触れる機会を多くつくらなければトリマー技術の修得は困難です。

家庭でもトリミングは可能?

トリミングに使用するハサミやバリカンは家庭用のものも数多く市販されています。

それを購入し、自分でトリミングを行う人も多いのが実状です。

便利で使いやすいものも多いのでそれなりの仕上がりになるのも正直なところ。

トリマーはプロとして家庭でのトリミングの仕上がりとは差をつけなければ需要はありません。

・スタイルが長く維持されること
・常にトレンドに合わせたスタイリングができること
・適切な保定で施術が短時間で済むこと
・客の要望に沿いながらより良い提案ができること
・皮膚トラブルなどを早期に発見できること

などトリマーならではの視点でトリミングができるようには、目標を高く持って鍛錬に励まなければならないといえるでしょう。