トリマーは激務?

トリマーは体力を要する仕事

トリマーというと、動物の美容をケアするオシャレな仕事という印象があるかもしれませんが、実際は相当な体力仕事です。

作業中は基本的にずっと立ちっぱなし。シャンプー、カット、ブローのすべての作業にかかる時間はおよそ1〜2時間で、その間は座ることができないため、腰痛や肩こりがつきものです。

さらに、シャンプーやカットが嫌いで暴れるペットは上手に押さえなければいけませんし、体重が40キロを超えるような大型犬を抱きかかえて作業をすることもあります。

ハサミを持つ時間が長いため、手が疲れたり腱鞘炎のようなものになる人もいます。トリマーは、世間の想像以上に体を張った仕事だといえるでしょう。

神経を使う一面も

もう一つ、トリマーの大変なところは「神経を使いっぱなし」だということです。ペットによっては、トリミングの作業中に動いたり暴れたりする子もいます。

万が一ハサミを持つ手がずれて、怪我でもさせてしまったら大変です。

また、「カットした毛が目に入る」「手を噛まれたり引っかかれたりする」というように、自分自身も常にケガと隣り合わせの危険にさらされます。

こうした不測の事態にそなえて、トリミング中はずっと神経をとがらせながら作業をするため、ストレスは溜まりがちに。

また、動物は人間のように言葉が通じないため、どうしても思い通りにはいきません。なかなか言うことを聞いてくれない、何を考えているかわからない動物を相手にするのは、とても疲れるものです。

体力を使う仕事でありながら、神経を使う仕事でもあるトリマーの仕事。人によってはこうした仕事内容を「激務」だと感じる人もいるでしょう。

一方、好きな動物とずっと向かい合えるから「激務ではない」と感じる人もいます。

いずれにしても「大好きな動物のために体を張ってがんばりたい!」そんな気持ちが強く求められる職業であることは、間違いありません。

休む間もなく働く日も

店によっては、1日中ひっきりなしにお客さまが訪れて、昼休憩もまともにとれないくらい忙しく働くということもあるようです。

予約が入っていれば、次の予約に支障がないように常に時間を気にしてトリミングしなければなりませんから、相当なストレスとなります。

そして、年末年始などの繁忙期には休日返上で働かなければならないこともあります。

完全予約制のプライベートサロンではそれなりにマイペースで仕事ができるようですが、大手チェーン店や一般的な街のペットショップなどでは、「朝出勤して、バタバタするうちにあっという間に夜が来る」という風に感じるかもしれません。

仕事体験談