トリマー資格試験の難易度・合格率

トリマーの資格をとるために

トリマーは資格がなければできないという職業ではありませんが、資格を持っていることである一定の技術があるという証明になり、就職に有利になることがあります。
トリマーになるには

トリマーに関連する資格は、民間の会社や団体が主催する試験に合格すると取得することができる「民間資格」です。

NPO法人「日本動物衛生看護士協会」が主催する「ドッグ・グルーミング・スペシャリスト」や社団法人「ジャパンケネルクラブ」が主催する「JKC(ジャパンケネルクラブ)認定トリマー」など、主催する団体によってさまざまな種類の資格があります。

こうした資格は試験内容もさまざまで、資格の取得方法も異なります。

養成講座を受けて資格をめざす

資格の取得をめざす場合、一般的なのは、資格取得のための指定校になっているトリマー養成の学校で学び、既定のカリキュラムを修了して試験に合格することです。

この場合は、カリキュラムに試験合格のための知識や技術の習得が組み込まれているため、きちんと学習をしていれば無理なく資格を取得することができます。

実際にほとんどの生徒が卒業時に資格を取得できており、学校によっては「資格取得率100%」をウリにしているところもあるほどです。

上級資格へ挑戦する道も

養成学校で取得できるのはあくまでも初級の資格であることが多いようです。トリマーの資格はその技能のレベルによってランク分けされています。

初級資格を取得して卒業した人のなかには、就職してトリマーとして実践経験を積みながら、さらなる上級資格の取得をめざして努力を続ける人もいるのです。

こうした上級資格は一定の期間の実務経験がないと受験できないようなものもあるので、数年かけてじっくり修業を積みながら取得をめざすことになるでしょう。

取得までのハードルが高いぶん、もっていると高い実力を証明することにつながり、トリマー養成学校での講師を務めることができるなどのメリットがあります。

トリマーの資格は実に種類が多いので、どんな働き方をめざすためにどの資格をとれば良いのかを早い段階から長期的に計画しておくことが大切です。

JKC公認トリマーについて

民間団体の資格がいくつかあるなかで、最もメジャーなのはジャパンケンネルクラブ(JKC)の資格です。JKCは日本最大の「犬」に関する団体であり、血統書の発行やドックショーの開催なども行っています。そのJKCが発行する資格が「JKC公認トリマー」です。

資格は、「C級」「B級」「A級」「教士」「師範」の5種類つのクラスに分かれています。

トリマーの資格をとるために

トリマーには国家資格がないため、特別な資格がなければ仕事ができないという職業ではありませんが、関連する資格を持っていることで一定の技術があるという証明になり、就職で有利になることがあります。

→トリマーになるには

トリマーに関連する資格は、民間の会社や団体が主催する試験に合格すると取得することができる「民間資格」です。

NPO法人「日本動物衛生看護士協会」が主催する「ドッグ・グルーミング・スペシャリスト」や社団法人「ジャパンケネルクラブ」が主催する「JKC(ジャパンケネルクラブ)認定トリマー」など、主催する団体によってさまざまな種類の民間資格があります。

こうした資格は試験内容もさまざまで、資格の取得方法も異なります。

養成講座を受けて資格を目指す

資格の取得を目指す方法として一般的なのは、資格取得のための指定校になっているトリマーの養成学校で学び、既定のカリキュラムを修了して試験に合格することです。

この場合は、カリキュラムに試験合格のための知識や技術の習得が組み込まれているため、きちんと学習をしていれば無理なく資格を取得することができます。

正確な合格率は発表されていないようですが、実際にほとんどの生徒が卒業時に資格を取得できており、学校によっては「資格取得率100%」をウリにしているところもあるほどです。

また、学校に通わずに自宅で学べる通信講座でも、トリマーの資格取得を目標としたものがあります。養成学校と同様、通信講座もいくつもの種類があり、教材内容も異なります。

上級資格へ挑戦する道も

ただし、養成学校で取得できるのはあくまでも初級の資格であることが多いようです。トリマーの資格はその技能のレベルによってランク分けされています。

初級資格を取得して卒業した人の中には、就職してトリマーとして実践経験を積みながら、さらなる上級資格の取得を目指して努力を続ける人もいます。

上級資格は一定の期間の実務経験がないと受験できないようなものもあるため、数年かけてじっくり修業を積みながら取得を目指すことになるでしょう。

取得までのハードルが高い分、持っていると高い実力を証明することにつながり、トリマー養成学校での講師を務めることができるなどのメリットがあります。

トリマーの資格は実に種類が多く、ものによってはあまり業界内での認知度が高くなかったり、評価されないものあります。

自分がどんな働き方を目指し、そのためにはどの資格をとれば良いのかを、早い段階から長期的に計画しておくことが大切です。

JKC公認トリマーについて

民間団体の資格がいくつかある中で、最もメジャーなのはジャパンケンネルクラブ(JKC)の資格です。JKCは日本最大の「犬」に関する団体であり、血統書の発行やドックショーの開催なども行っています。

そのJKCが発行する資格が「JKC公認トリマー」です。

資格は、「C級」「B級」「A級」「教士」「師範」の5つのクラスに分かれています。

JKC認定トリマー資格試験の概要

試験日 年一回。試験会場によって10月〜12月頃。
※期日等の詳細は本会会報「JKCガゼット」に掲載
試験地 各都道府県
※公認養成機関に入学している場合は、それぞれの養成機関において試験を実施
受験資格 <C級>
JKC主催のトリマー養成機関に入学し、所定の課程を終了した後、卒業試験に合格することで、C級の資格を取得できます。上記以外の方法としては、2年以上JKCの会員歴があり、資格試験に合格することが必要です。

<B級>
JKC主催のトリマー養成機関に更に1年在学し、所定の課程を修了することでB級を取得できます。または、C級を取得し、2年以上経過した後、試験を受けて合格することでB級トリマーとなります。

<A級>
JKC主催のトリマー養成機関に更に2年在学し、所定の課程を修了することでA級を取得できます。または、B級を取得してから3年以上経過した後、試験を受けて合格することでB級トリマーとなります。

試験内容 <筆記>
制限時間50分間、70点以上合格
<実技>
カット、制限時間2時間、70点以上合格
受験料 5,000円
詳細情報 財団法人 ジャパンケネルクラブ

仕事体験談