トリマーの道具(ハサミ、バリカン、エプロン)

ハサミは用途に応じて使い分ける

犬の種類によって毛の長さや質は異なります。また、お客さんの要望もさまざまです。

トリマーはそれぞれに応じたハサミを使用して毛をカットしていきます。

基本的には刈り込みバサミ、カットバサミ、ボブバサミ、すきバサミを揃えておくといいでしょう。

刈り込みバサミははじめにいらない毛を大まかにカットしていくために使います。

カットバサミはメインで使用するものです。切れ味が良いため、デリケートな部分のカットには不向きです。

ボブバサミは安全性が高いため、足先やヒゲなど細かな部分をカットするのに適しています。

すきバサミは毛量を調整し、自然な仕上がりにするために使用します。

どのハサミも実際に手に取り、自分に合ったものを見つけましょう。

またやわらかい布やブラシ、アルコール綿、ミシン油などの手入れ用品を揃えることもお忘れなく。

保管や携帯のためのケースも必須です。

バリカンは専用のものを

バリカンはクリッパーとも呼ばれ、毛を短く刈上げるときに使うものです。

電動が主流ですが、振動や音を怖がる犬には手動のものを使用します。

足の裏や肛門周り、お腹など毛を短く均一に仕上げたい箇所に主に使用します。

犬の皮膚は箇所によって非常に柔らかい部分があるため、犬用のバリカンは人間用のものに比べて刃が細かくなっています。

替刃は1ミリから16ミリまであり、仕上げたい長さによって使い分けます。

エプロンは必須

トリマーはその業務の特性上、仕事中はエプロンを着用するのが一般的です。

トリマーのエプロンの特徴はまず防水であることです。

シャンプーの際に水はねは避けられず、防水加工のされていないものだと服を濡らしてしまいます。

次に繊維が高密度であること。カットした細かな毛が貫通してしまわないようになっています。

この二点はトリマーエプロンならではの特徴であるといえます。

その他、シザーケースとして使える大きなポケットやドライヤーを固定するためのベルトなどスムーズなトリミングを助ける機能がついたものもあります。