トレーダーのやりがい

経済の動きをダイナミックに味わえる

金融マーケットでは、毎日巨額のお金が動きます。そこで資産を運用する投資家のお客さまと向き合い、お客さまに情報提供を行ったり、自ら債権を売買するトレーダー。

その仕事は非常に忙しいものとなりますが、日々めまぐるしく動き続ける金融市場のど真ん中にいる醍醐味や、経済のダイナミズムを味わうことができます。

市場は1日1日変化し続けるからこそ、ときには予期せぬことが起こります。常に「いい緊張感」を持って仕事ができるため、ハリのある毎日が送れるでしょう。

責任の重い仕事に携われる

トレーダーは、お客さまの大切な資産の運用に携わります。ときには何十億円、何百億円という莫大なお金を自らの手で動かすため、その責任や緊張感は非常に大きなものとなります。

プレッシャーに押しつぶされそうになることもありますが、逃げても仕方ありません。「自分がやらなければならない」という使命感に燃えながら仕事に向き合い続け、無事に成果を出せたときは、計り知れない喜びを感じられます。

難しい仕事であるからこそ、その分、達成感も大きくなるのです。

お客さまに喜んでもらえる

トレーダーは、常にお客さまとなる投資家のニーズを把握し、タイムリーな提案をすることが求められます。

お客さまとの信頼関係は一朝一夕で築けるものではありませんので、地道にコミュニケーションをとり、真摯に向き合っていく姿勢が大切です。

日々勉強を続けて市場の情報をしっかりと入手し、お客さまにとって最適な情報を提供できれば、売買の発注先として数ある証券会社の中から自社を選んでもらえることにもつながります。

自分の力でお客さまに喜びを与えられることは、トレーダーの仕事の大きなやりがいです。